Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

18.2. libvirt の主な変更

モジュラーの libvirt デーモン

RHEL 9 では、libvirt ライブラリーは、ホスト上の個々の仮想化ドライバーセットを処理するモジュラーデーモンを使用します。たとえば、virtqemud デーモンは QEMU ドライバーを処理します。これにより、リソース負荷の最適化や監視など、仮想化ドライバーに関連するさまざまなタスクをきめ細かくすることができます。

さらに、モノリシック libvirt デーモン libvirtd は非推奨になりました。ただし、RHEL 8 から RHEL 9 にアップグレードした場合でも、ホストは libvirtd を使用します。これは、RHEL 9 でも引き続き使用できます。

それでも、Red Hat は代わりにモジュラーの libvirt デーモンを有効にすることをお勧めします。手順については、仮想化の設定および管理 のドキュメントを参照してください。

ただし、モジュラーの libvirt デーモンの使用に切り替えると、libvirtd を使用する事前設定されたタスクが機能しなくなることに注意してください。

virsh iface-* コマンドに対応しなくなりました。

virsh iface-startvirsh iface-destroy などの virsh iface-* コマンドは、RHEL 9 ではサポートされなくなりました。netcf が削除されたため、大半が機能しません。ネットワークインターフェイスを作成および変更するには、nmcli などの NetworkManager ユーティリティーを使用します。