Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第24章 システムロール

本章では、RHEL 8 と RHEL 9 との間で発生したシステムロールに関する最も重要な変更を説明します。

24.1. RHEL システムロールを使用したシステム管理タスクの実行

Red Hat Enterprise Linux 9.0 General Availability (GA) リリースの時点で、RHEL System Roles には ansible-core2.12 パッケージが含まれています。これは、コア機能のみを備えたバージョンの Ansible です。つまり、storage ロールの blivetnetwork ロールの gobjectjson_query などのプラグインといったモジュールは含まれていません。

RHEL System Roles を使用すると、設定インターフェイスを利用して、複数の RHEL システムをリモートで管理できます。従来の RHEL System Roles 形式のオプションとして、Ansible Automation Platform のお客様のみが Automation Hub で利用できる、または RHEL ユーザーに提供される RPM パッケージを介して利用できる Ansible コレクション をご活用いただけます。

RHEL システムロールのサポート

以下のロールに対応しています。

  • RHEL システムロール cockpit。Web コンソールのデプロイメントと設定を自動化できるため、Web ブラウザーから RHEL システムを管理できます。
  • RHEL システムロール firewall
  • RHEL システムロール ha_cluster。以前はテクノロジープレビューとして提供されていましたが完全にサポートされるようになりました。
  • RHEL システムロール nbde_client。静的 IP アドレスを持つサーバーをサポートするようになりました。
  • Microsoft SQL Server 向けの Microsoft SQL (MSSQL) RHEL システムロールこれにより、MSSQL Server ワークロードに推奨される設定で、RHEL の設定が簡素化され、自動化されます。
  • VPN RHEL システムロール: Red Hat Ansible Automation Platform を使用して RHEL システムに VPN 接続を設定します。ユーザーはこれを使用して、ホスト間、ネットワーク間、VPN リモートアクセスサーバー、およびメッシュ設定をセットアップできます。
  • IPMI モジュール。rhel_mgmt 集で利用可能なハードウェアマネジメントインターフェイスを自動化します。

RHEL システムロールの詳細は、ドキュメントのタイトル RHEL で システムロール を使用した管理タスクおよび設定タスク を参照してください。

Ansible Engine 2.9 へのサポートは、RHEL 9 では利用できなくなりました。

Ansible Engine 2.9 は、Red Hat Enterprise Linux 9 では利用できなくなりました。以前に Ansible Engine 2.9 で実行されていた Playbook は、欠落しているプラグインまたはモジュールに関連するエラーメッセージを生成する場合があります。Ansible のユースケースが、 RHEL で提供されている Ansible Core の限定サポート範囲を超えている場合には、ご利用可能なサポートについて Red Hat までお問い合わせください。

RHEL システムロールが Ansible Core を使用するようになりました。

RHEL 9 の一般提供リリースの時点で、Ansible Core には RHEL でサポートされる自動化ユースケースに対して限定範囲でサポートを提供しています。Ansible Core は、RHEL の AppStream リポジトリーで利用できます。サポートの範囲の詳細は RHEL 9 AppStream に含まれている Ansible Core パッケージのサポートの範囲 を参照してください。

注記

Red Hat Enterprise Linux 9.0 以降、RHEL AppStream での Ansible Core への対応は、RHEL システムロールなど、Red Hat 製品に同梱または生成される Ansible Playbook、ロール、およびモジュールに限定されます。