Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第8章 シェルおよびコマンドラインツール

この章では、RHEL 8 と RHEL 9 の間のシェルとコマンドラインツールに食われたレタ最も重要な変更点を説明します。

8.1. システム管理の主な変更点

DES (Data Encryption Standard) アルゴリズムが、Red Hat Enterprise Linux 9 の net-snmp 通信では使用できない

以前のバージョンの RHEL では、DES が、net-snmp クライアントとサーバー間のセキュアな通信に使用される暗号化アルゴリズムとして使用されていました。RHEL 9 では、DES アルゴリズムが OpenSSL ライブラリーで対応していません。このアルゴリズムは安全でないものとしてマークされているため、net-snmp の DES サポートは削除されました。

ABRT ツールは削除されました

RHEL 9 では、アプリケーションのクラッシュを検出して報告する自動バグ報告ツール (ABRT) は使用できません。

代わりに、systemd-coredump ツールを使用して、プログラムのクラッシュ後に自動的に生成されるファイルであるコアダンプをログに記録して保存します。

Hidepid=n マウントオプションは RHEL 9 systemd ではサポートされていない

マウントオプションの hidepid=n は、/proc/[pid] ディレクトリーの情報にアクセスできるユーザーを制御しますが、RHEL 9 で提供されている systemd インフラストラクチャーと互換性がありません。

また、このオプションを使用すると、systemd が起動する特定のサービスで SELinux の AVC 拒否メッセージが生成され、その他の操作が完了しないようにする場合があります。

dump パッケージの dump ユーティリティーが非推奨に

ファイルシステムのバックアップに使用される dump ユーティリティーは、Red Hat Enterprise Linux 8 では非推奨になり、RHEL 9 では使用できなくなりました。

Red Hat は、RHEL 9 では ext2、ext3、および ext4 ファイルシステムのバックアップツールとして tar または dd を使用することを推奨しています。dump ユーティリティーは、EPEL 9 リポジトリーに含まれます。

dump パッケージの restore ユーティリティーは、RHEL 9 で引き続き利用可能で、サポートされており、restore パッケージとして利用できます。

RHEL 9 には ReaR crontab が含まれない

ディスクレイアウトの変更後に rear mkrescue を実行する rear パッケージの /etc/cron.d/rearcrontab は、RHEL 9 で削除されました。

/etc/cron.d/rearcrontab を使用して rear mkrescue を実行した場合は、代わりに ReaR の定期的な実行を手動で設定できます。

注記

RHEL の rear パッケージには、ジョブをスケジュールするための次の例が含まれています。

  • /usr/share/doc/rear/rear.cron の crontab 例
  • /usr/share/doc/rear/rear.{service,timer} の systemd ユニット例

サイト固有の変更点や、更新したバックアップをシステム復元用に取得する他のアクションがない場合には、これらの例は使用しないでください。レスキューイメージの再作成に加えて、定期的なバックアップを取る必要があります。バックアップを取る手順は、ローカル設定によって異なります。更新されたバックアップを同時に取得せずに rear mkrescue コマンドを実行すると、システム復元プロセスは以前のバックアップを使用するので、保存されたレイアウトと矛盾してしまう可能性があります。