2.7. 以下に例を示します。nftables スクリプトを使用した LAN および DMZ の保護

RHEL ルーターで nftables フレームワークを使用して、内部 LAN 内のネットワーククライアントと DMZ の Web サーバーを、インターネットやその他のネットワークからの不正アクセスから保護するファイアウォールスクリプトを作成およびインストールします。

重要

この例はデモ目的専用で、特定の要件があるシナリオを説明しています。

ファイアウォールスクリプトは、ネットワークインフラストラクチャーとセキュリティー要件に大きく依存します。この例を使用して、独自の環境用のスクリプトを作成する際に nftables ファイアウォールの概念を理解してください。

2.7.1. ネットワークの状態

この例のネットワークは、以下の条件下にあります。

  • ルーターは以下のネットワークに接続されています。

    • インターフェイス enp1s0を介したインターネット
    • インターフェイス enp7s0を介した内部 LAN
    • enp8s0までの DMZ
  • ルーターのインターネットインターフェイスには、静的 IPv4 アドレス (203.0.113.1) と IPv6 アドレス (2001:db8:a::1) の両方が割り当てられています。
  • 内部 LAN のクライアントは 10.0.0.0/24 の範囲のプライベート IPv4 アドレスのみを使用します。その結果、LAN からインターネットへのトラフィックには、送信元ネットワークアドレス変換 (SNAT) が必要です。
  • 内部 LAN の管理者用 PC は、IP アドレス 10.0.0.100 および 10.0.0.200 を使用します。
  • DMZ は、198.51.100.0/24 および 2001:db8:b::/56 の範囲のパブリック IP アドレスを使用します。
  • DMZ の Web サーバーは、IP アドレス 198.51.100.5 および 2001:db8:b::5 を使用します。
  • ルーターは、LAN および DMZ 内のホストのキャッシング DNS サーバーとして機能します。