1.16. firewalld ゾーン内の異なるインターフェイスまたはソース間でのトラフィック転送の有効化

ゾーン内転送は、firewalld ゾーン内のインターフェイスまたはソース間のトラフィック転送を可能にする firewalld 機能です。

1.16.1. ゾーン内転送と、デフォルトのターゲットが ACCEPT に設定されているゾーンの違い

ゾーン内転送を有効にすると、1 つの firewalld ゾーン内のトラフィックは、あるインターフェイスまたはソースから別のインターフェイスまたはソースに流れることができます。ゾーンは、インターフェイスおよびソースの信頼レベルを指定します。信頼レベルが同じ場合、トラフィックは同じゾーン内に留まります。

注記

firewalld のデフォルトゾーンでゾーン内転送を有効にすると、現在のデフォルトゾーンに追加されたインターフェイスおよびソースにのみ適用されます。

firewalld は、異なるゾーンを使用して着信トラフィックと送信トラフィックを管理します。各ゾーンには独自のルールと動作のセットがあります。たとえば、trusted ゾーンでは、転送されたトラフィックがデフォルトですべて許可されます。

他のゾーンでは、異なるデフォルト動作を設定できます。標準ゾーンでは、ゾーンのターゲットが default に設定されている場合、転送されたトラフィックは通常デフォルトで破棄されます。

ゾーン内の異なるインターフェイスまたはソース間でトラフィックを転送する方法を制御するには、ゾーンのターゲットを理解し、それに応じてゾーンのターゲットを設定する必要があります。

1.16.2. ゾーン内転送を使用したイーサネットと Wi-Fi ネットワーク間でのトラフィックの転送

ゾーン内転送を使用して、同じ firewalld ゾーン内のインターフェイスとソース間のトラフィックを転送することができます。この機能には次の利点があります。

  • 有線デバイスと無線デバイスの間のシームレスな接続性 (enp1s0 に接続されたイーサネットネットワークと wlp0s20 に接続された Wi-Fi ネットワークの間でトラフィックを転送可能)
  • 柔軟な作業環境のサポート
  • ネットワーク内の複数のデバイスまたはユーザーがアクセスして使用できる共有リソース (プリンター、データベース、ネットワーク接続ストレージなど)
  • 効率的な内部ネットワーク (スムーズな通信、レイテンシーの短縮、リソースへのアクセス性など)

この機能は、個々の firewalld ゾーンに対して有効にすることができます。

手順

  1. カーネルでパケット転送を有効にします。

    # echo "net.ipv4.ip_forward=1" > /etc/sysctl.d/95-IPv4-forwarding.conf
    # sysctl -p /etc/sysctl.d/95-IPv4-forwarding.conf
  2. ゾーン内転送を有効にするインターフェイスが internal ゾーンにのみ割り当てられていることを確認します。

    # firewall-cmd --get-active-zones
  3. 現在、インターフェイスが internal 以外のゾーンに割り当てられている場合は、以下のように再割り当てします。

    # firewall-cmd --zone=internal --change-interface=interface_name --permanent
  4. enp1s0 および wlp0s20 インターフェイスを internal ゾーンに追加します。

    # firewall-cmd --zone=internal --add-interface=enp1s0 --add-interface=wlp0s20
  5. ゾーン内転送を有効にします。

    # firewall-cmd --zone=internal --add-forward

検証

以下の検証手順では、nmap-ncat パッケージが両方のホストにインストールされている必要があります。

  1. ゾーン転送を有効にしたホストの enp1s0 インターフェイスと同じネットワーク上にあるホストにログインします。
  2. ncat で echo サービスを起動し、接続をテストします。

    # ncat -e /usr/bin/cat -l 12345
  3. wlp0s20 インターフェイスと同じネットワークにあるホストにログインします。
  4. enp1s0 と同じネットワークにあるホスト上で実行している echo サーバーに接続します。

    # ncat <other_host> 12345
  5. 何かを入力して Enter を押します。テキストが返送されることを確認します。

関連情報

  • firewalld.zones(5) の man ページ