Menu Close

3.2. 基本的なフェイルオーバー設定用の DM Multipath のセットアップ

multipathd デーモンを起動する前に /etc/multipath.conf ファイルを編集する必要がある場合は、以下の手順に従い基本的なフェイルオーバー設定用の DM Multipath をセットアップします。

手順

  1. マルチパス設定ファイルを有効にします。

    # mpathconf --enable
  2. 必要に応じて /etc/multipath.conf ファイルを編集します。DM-Multipath 用のデフォルト設定はシステムにコンパイルされているため、/etc/multipath.conf ファイルで明示的に指定する必要はありません。

    path_grouping_policy のデフォルト値は failover に設定されているため、この例では /etc/multipath.conf ファイルを編集する必要はありません。

    設定ファイル内で初めてのデフォルトセクションはシステムを設定するため、マルチパスデバイスの名前の形式は /dev/mapper/mpathn; になります。この設定がないと、デバイスの WWID がマルチパスデバイスの名前になります。ユーザーフレンドリー名を使用しない場合は、次のコマンドを実行します。

    # mpathconf --enable --user_friendly_names n

    マルチパスデーモンを起動してからマルチパス設定ファイルの編集が必要になった場合は、systemctl reload multipathd.service コマンドを実行して変更を反映する必要があります。

  3. 必要に応じて設定ファイルを保存し、エディターを終了します。
  4. マルチパスデーモンを起動し、マルチパスデバイスを作成します。

    # systemctl start multipathd.service
注記

device-mapper-multipath パッケージを削除しても、/etc/multipath.conf ファイル、または /etc/multipath ディレクトリー内のファイルは削除されません。これは、そのディレクトリーに、現在リストされているファイル以外のものが含まれている可能性があるためです。このファイルは、device-mapper-multipath パッケージの後続のインストール時に手動で削除する必要があります。