Menu Close

第6章 デバイスのマルチパスの防止

マルチパスデバイスを設定する際に、選択したデバイスを無視するように DM Multipath を設定できます。DM Multipath は、これらの無視されたデバイスをマルチパスデバイスにグループ化しません。

6.1. DM Multipath がパスのマルチパスデバイスを作成する際の条件

DM Multipath には、パス用のマルチパスデバイスを作成するか、パスを無視するかどうかを判断するためのデフォルトルールのセットがあります。動作を設定できます。

find_multipaths 設定パラメーターを off に設定すると、マルチパスは明示的に無効にされていないパスに対して常にマルチパスデバイスを作成しようとします。find_multipaths 設定パラメーターを on に設定すると、以下の条件のいずれかが満たされている場合に限り、マルチパスによりデバイスが作成されます。

  • 無効にされていない、同じ World-Wide Identification (WWID) を持つパスが少なくとも 2 つあります。
  • multipath コマンドでデバイスを指定して、デバイスの作成を手動で強制する場合。
  • 任意のパスが、以前に作成されたマルチパスデバイスと同一の WWID を持っている場合 (そのマルチパスデバイスがその時点で存在していない場合も含む)。マルチパスデバイスを作成すると、常にそのデバイスの WWID が記憶されるため、同一の WWID を持つパスが検出されると、そのデバイスが自動的に再作成されます。これにより、他のデバイスでマルチパスを無効にしなくても、マルチパスが自動的に正しいパスを選択してマルチパスデバイスにすることができます。

find_multipaths パラメーターを使用せずにマルチパスデバイスを作成してから、パラメーターを on に設定した場合は、/etc/multipath/wwids ファイルから、マルチパスデバイスとして作成しないデバイスの WWID を削除しなければならない場合があります。次の例は、サンプルの /etc/multipath/wwids ファイルを示しています。WWID は、スラッシュ (/) で囲まれています。

# Multipath wwids, Version : 1.0
# NOTE: This file is automatically maintained by multipath and multipathd.
# You should not need to edit this file in normal circumstances.
#
# Valid WWIDs:
/3600d0230000000000e13955cc3757802/
/3600d0230000000000e13955cc3757801/
/3600d0230000000000e13955cc3757800/
/3600d02300069c9ce09d41c31f29d4c00/
/SWINSYS  SF2372         0E13955CC3757802/
/3600d0230000000000e13955cc3757803/

onoff に加えて、find_multipaths も以下の値に設定することができます。

strict
マルチパスは、以前にマルチパス化されていないパスを許可しないため、そのパスは /etc/multipath/wwids ファイルに記載されていません。
smart
マルチパスは、udev で無効になっていないデバイスが表示されるとすぐに、それらを常に受け入れます。multipathdfind_multipaths_timeout パラメーターで設定されたタイムアウト内にデバイスを作成しない場合、デバイスに対するクレームを解放します。

find_multipaths の組み込みデフォルト値は off です。ただし、mpathconf により作成されたデフォルトの multipath.conf ファイルは、find_multipaths の値を on に設定します。

find_multipaths パラメーターが on に設定されている場合、マルチパスを使用したくない複数のパスを持つデバイスでのみマルチパスを無効にします。このため、通常、デバイスでマルチパスを無効にする必要はありません。

以前に作成したマルチパスデバイスを blacklist に追加する場合は、-w オプションを使用して /etc/multipath/wwids ファイルからそのデバイスの WWID を削除すると、他のプログラムとの問題を回避するのに役立つことがあります。たとえば、WWID 3600d0230000000000e13954ed5f89300 のデバイス /dev/sdb/etc/multipath/wwids ファイルから削除する場合は、以下のいずれかの方法を使用することができます。

  • デバイス名でマルチパスデバイスを削除する。

    #multipath -w /dev/sdb
    wwid '3600d0230000000000e13954ed5f89300' removed
  • マルチパスデバイスの WWID を使用して削除する。

    #multipath -w 3600d0230000000000e13954ed5f89300
    wwid '3600d0230000000000e13954ed5f89300' removed

また、-W オプションで /etc/multipath/wwwids ファイルを更新することも可能です。これにより、/etc/multipath/wwwids ファイルがリセットされ、現在のマルチパスデバイスの WWID のみが含まれるようになります。リセットする場合は、以下を実行してください。

#multipath -W
successfully reset wwids

関連情報

  • man ページの multipath.conf(5)