Menu Close

1.6. Multipath コマンドの出力

マルチパスデバイスの作成、修正、一覧表示を行うと、現在のデバイス設定が表示されます。形式を以下に示します。

  • マルチパスデバイス
action_if_any: alias (wwid_if_different_from_alias) dm_device_name_if_known vendor,product size=size features='features' hwhandler='hardware_handler' wp=write_permission_if_known
  • パスグループ
-+- policy='scheduling_policy' prio=prio_if_known status=path_group_status_if_known
  • パス
 `- host:channel:id:lun devnode major:minor dm_status_if_known path_status online_status

マルチパスコマンドの出力例を以下に示します。

3600d0230000000000e13955cc3757800 dm-1 WINSYS,SF2372
size=269G features='0' hwhandler='0' wp=rw
|-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=active
| `- 6:0:0:0 sdb 8:16  active ready  running
`-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
  `- 7:0:0:0 sdf 8:80  active ready  running

パスが有効になり、I/O が可能になると、パスのステータスが ready または ghost になります。パスが停止している場合は、ステータスが faulty または shaky になります。パスの状態は、/etc/multipath.conf ファイルに定義されているポーリング間隔に応じ、multipathd デーモンによって定期的に更新されます。

その他の可能なパスのステータス値は以下のとおりです。

  • i/o pending - チェッカーがアクティブにこのパスを確認し、ステータスはまもなく更新されます。
  • i/o timeout - faulty と同じです。タイムアウトする前にチェッカーが成功または失敗のいずれかを返さなかったことをユーザーに通知します。
  • removed - システムからパスが削除され、マルチパスデバイスからまもなく削除されます。faulty と同様に処理されます。
  • wild - 内部エラーまたは設定の問題によって、multipathd はパスチェッカーを実行できませんでした。マルチパスがパス上の多くのアクションをスキップすることを除いて、faulty とほぼ同じです。
  • unchecked - パスが今検出された、割り当てられたパスチェッカーがない、パスチェッカーにエラーが発生したなどの理由で、このパスでパスチェッカーが実行していません。これは wild と同じように処理されます。
  • delayed - パスチェッカーはパスが有効であると返すにも関わらず、パスが複数回失敗し、パスを遅延するようにマルチパスが設定されているため、マルチパスがパスの復元を遅らせています。

カーネルに関しては、dm ステータスはパスステータスに似ています。dm のステータスが active の場合は、パスのステータスが ready および ghost になります。pending パスのステータスと同等の dm ステータスはありません。その他のパスのステータスはすべて、dm のステータスでは failed となります。dm のステータスは、パスチェッカーが完了するまで現在のステータスを保持します。

online_status に使用できる値は runningoffline です。offline ステータスは、この SCSI デバイスが無効になっていることを表します。

注記

マルチパスデバイスを作成または変更すると、マルチパスはデバイス設定を出力します。ただし、書き込み権限などの一部の機能や、その他の機能情報は不明な場合があります。出力と、作成または変更中に選択した機能との間に違いがある場合があります。これは通常の動作です。正しい状態を表示するには、作成後にデバイスを一覧表示してください。