Menu Close

7.3. swap ファイルシステムをシングルパスデバイスからマルチパスデバイスへ移動

デフォルトでは、swap デバイスは論理ボリュームとして設定されます。論理ボリュームグループを構成する物理ボリュームでマルチパスを設定している限り、このようなデバイスをマルチパスデバイスとして設定する特別な手順は必要ありません。ただし、swap デバイスが LVM ボリュームではなく、デバイス名でマウントする場合には、/etc/fstab ファイルに、適切なマルチパスデバイス名を設定しないといけない場合があります。

手順

  1. /etc/multipath/wwids ファイルにデバイスの WWID を追加します。

    # multipath -a swap_devname

    たとえば、root デバイスが /dev/sdb の場合は、次のコマンドを実行します。

    # multipath -a /dev/sdb
    wwid '3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200' added
  2. 設定ファイルの設定が正しく行われたことを確認するため、multipath コマンドを実行して、次のような行が出力されていることを検索します。

    date  wwid: ignoring map

    これは、コマンドがマルチパスデバイスの作成に失敗したことを示しています。

    たとえば、デバイスの WWID が 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200 の場合は、次のような行が出力に表示されます。

    # multipath
    Oct 21 09:37:19 | 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200: ignoring map
  3. /etc/multipath.conf ファイルに、swap デバイスのエイリアスを設定します。

    multipaths {
        multipath {
            wwid WWID_of_swap_device
            alias swapdev
        }
    }
  4. /etc/fstab ファイルで、root デバイスへの古いデバイスパスを、マルチパスデバイスに置き換えます。

    たとえば、/etc/fstab ファイルに、以下のようなエントリーがあるとします。

    /dev/sdb2 swap                    swap    defaults        0 0

    エントリーを以下のように変更します。

    /dev/mapper/swapdev swap          swap    defaults        0 0
  5. multipath を使用して initramfs ファイルシステムを再構築します。

    # dracut --force -H --add multipath
  6. マシンをシャットダウンします。
  7. マシンを起動します。
  8. 他のパスがマシンから見えるようにする。

検証手順

  • スワップデバイスがマルチパスデバイス上にあるかどうかを確認します。

    # swapon -s

    以下に例を示します。

    # swapon -s
    
    Filename                Type          Size Used    Priority
    /dev/dm-3               partition     4169724 0    -2

    ファイル名は、マルチパススワップデバイスと一致させる必要があります。

    # readlink -f /dev/mapper/swapdev
    /dev/dm-3