Menu Close

7.2. root ファイルシステムをシングルパスデバイスからマルチパスデバイスへ移動

シングルパスのデバイスにシステムをインストールしてから、別のパスを root ファイルシステムに追加する場合は、root ファイルシステムをマルチパスのデバイスに移行する必要があります。シングルパスからマルチパスへの移行については、以下の手順を参照してください。

前提条件

  • device-mapper-multipath パッケージがインストールされている。

手順

  1. /etc/multipath.conf 設定ファイルを作成し、multipath モジュールをロードし、multipathd systemd サービスを有効にします。

    # yum install device-mapper-multipath

手順

  1. 以下のコマンドを実行して /etc/multipath.conf 設定ファイルを作成、マルチパスモジュールをロードしてmultipathdchkconfigon に設定します。
  2. find_multipaths 設定パラメーターが yes に設定されていない場合は、Preventing devices from multipathing の説明にしたがって /etc/multipath.confblacklist および blacklist_exceptions セクションを編集します。
  3. 検出され次第、root デバイスにマルチパスデバイスを構築させるため、次のコマンドを実行します。また、このコマンドを実行すると、パスが 1 つしかない場合でも必ず find_multipaths がデバイスを許可するようになります。

    # multipath -a root_devname

    たとえば、root デバイスが /dev/sdb の場合は、次のコマンドを実行します。

    # multipath -a /dev/sdb
    wwid '3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200' added
  4. multipath コマンドを実行して設定ファイルの設定が正しく行われたことを確認し、次のような行が出力されていることを検索します。これは、コマンドがマルチパスデバイスの作成に失敗したことを示しています。

    date  wwid: ignoring map

    たとえば、デバイスの WWID が 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200 の場合は、次のような行が出力に表示されます。

    # multipath
    Oct 21 09:37:19 | 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200: ignoring map
  5. multipath を使用して initramfs ファイルシステムを再構築します。

    # dracut --force -H --add multipath
  6. マシンをシャットダウンします。
  7. マシンを起動します。
  8. 他のパスがマシンから見えるようにする。

検証手順

  • 以下のコマンドを実行して、マルチパスデバイスが作成されているかどうかを確認します。

    # multipath -l | grep 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200
    mpatha (3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200) dm-0 3PARdata,VV