Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.5. プロトコルを使用した特定デバイスのマルチパス設定の変更

トランスポートプロトコルに基づいてマルチパスデバイスパスを設定できます。/etc/multipath.conf ファイルの overrides セクションの protocol サブセクションを使用すると、特定のパスでマルチパス設定を上書きできます。これにより、ファイバーチャネル(FC)や Internet Small Computer Systems Interface(iSCSI)などの複数のトランスポートプロトコルでマルチパスデバイスにアクセスすることができます。

protocol サブセクションで設定したオプションは、overridesdevices、および defaults セクションの値を上書きします。これらのオプションは、サブセクションの type パラメーターに一致するトランスポートプロトコルを使用するデバイスにのみ適用されます。

前提条件

  • システムに Device Mapper(DM)マルチパスを設定している。
  • すべてのパスが同じトランスポートプロトコルを使用するのではなく、マルチパスデバイスがある。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、特定のパスプロトコルを表示します。

    # multipathd show paths format "%d %P"
    dev protocol
    sda scsi:ata
    sdb scsi:fcp
    sdc scsi:fcp
  2. 各マルチパスタイプに protocol サブセクションを追加して、/etc/multipath.conf ファイルの overrides セクションを編集します。

    • scsi:fcp プロトコルを使用するパスデバイスの設定。

      overrides {
              dev_loss_tmo 60
              fast_io_fail_tmo 8
              protocol {
                      type "scsi:fcp"
                      dev_loss_tmo 70
                      fast_io_fail_tmo 10
                      eh_deadline 360
              }
    • scsi:iscsi プロトコルを使用するパスデバイスの設定

      overrides {
              dev_loss_tmo 60
              fast_io_fail_tmo 8
              protocol {
                      type "scsi:iscsi"
                      dev_loss_tmo 60
                      fast_io_fail_tmo 120
              }
    • 他のすべてのプロトコルを使用するパスデバイスの設定:

      overrides {
              dev_loss_tmo 60
              fast_io_fail_tmo 8
              protocol {
                      type "<type of protocol>"
                      dev_loss_tmo 60
                      fast_io_fail_tmo 8
              }

overrides セクションには、複数の protocol サブセクションを含めることができます。

重要

protocol サブセクションには type パラメーターが含まれている必要があります。一致する type パラメーターを持つすべてのパスの設定は、protocol サブセクションに記載されている残りのパラメーターで更新されます。

関連情報

  • man ページの multipath.conf(5)