Menu Close

5.4. 特定デバイスのマルチパス設定の編集

multipath.conf 設定ファイルの multipaths セクションで、必須の WWID パラメーターによって参照される個々のマルチパスデバイスに固有の設定を追加できます。

このデフォルトは DM Multipath により使用され、multipath.conf ファイルの overrides セクション、defaults セクション、および devices セクションに設定された属性を上書きします。multipaths セクションには、任意の数のマルチパスサブセクションを含めることができます。

手順

  1. 特定のマルチパスデバイスの multipaths セクションを変更します。設定ファイルで、2 つの特定マルチパスデバイスに対して multipath 属性を指定している例を以下に示します。

    • 1 つ目のデバイスの WWID は 3600508b4000156d70001200000b0000 で、シンボリック名は yellow です。
    • 2 番目のマルチパスデバイスの WWID は 1DEC_321816758474 で、シンボリック名 red があります。

    rr_weight 属性は priorities に設定されています。

    multipaths {
           multipath {
                  wwid                  3600508b4000156d70001200000b0000
                  alias                 yellow
                  path_grouping_policy  multibus
                  path_selector         "round-robin 0"
                  failback              manual
                  rr_weight             priorities
                  no_path_retry         5
           }
           multipath {
                  wwid                  1DEC_321816758474
                  alias                 red
                  rr_weight             priorities
            }
    }
  2. 次のいずれかのコマンドを実行してマルチパス設定ファイルを変更した後、/etc/multipath.conf ファイルを検証します。

    • 設定エラーを表示するには、以下のコマンドを実行します。

      # multipath -t > /dev/null
    • 変更が追加された新しい設定を表示するには、以下のコマンドを実行します。

      # multipath -t
  3. /etc/multipath.conf ファイルを再読み込みし、multipathd デーモンを再設定して変更を反映します。

    # service multipathd reload

関連情報

  • man ページの multipath.conf(5)