Menu Close

6.3. WWID によるマルチパスの無効化

WWID (World-Wide Identification) を使用して、個々のデバイスでマルチパスを無効にできます。

手順

  1. wwid エントリーを使用して、/etc/multipath.conf 設定ファイルのデバイスを無効にします。

    以下の例は、26353900f02796769 が WWID であるデバイスを無効にする DM Multipath 設定ファイル内の行を示しています。

    blacklist {
           wwid 26353900f02796769
    }
  2. 次のいずれかのコマンドを実行してマルチパス設定ファイルを変更した後、/etc/multipath.conf ファイルを検証します。

    • 設定エラーを表示するには、以下のコマンドを実行します。

      # multipath -t > /dev/null
    • 変更が追加された新しい設定を表示するには、以下のコマンドを実行します。

      # multipath -t
  3. /etc/multipath.conf ファイルを再読み込みし、multipathd デーモンを再設定して変更を反映します。

    # service multipathd reload