Menu Close

6.6. udev プロパティーによるマルチパスの無効化

udev プロパティーパラメーターを使用して、デバイスのマルチパスを無効にできます。

手順

  1. property パラメーターを使用して、/etc/multipath.conf 設定ファイルのデバイスを無効にします。このパラメーターは、デバイスの udev 環境変数名と一致する正規表現の文字列です。

    以下の例は、udev プロパティー ID_ATA を持つすべてのデバイスでマルチパスを無効にします。

    blacklist {
            property "ID_ATA"
    }
  2. 次のいずれかのコマンドを実行してマルチパス設定ファイルを変更した後、/etc/multipath.conf ファイルを検証します。

    • 設定エラーを表示するには、以下のコマンドを実行します。

      # multipath -t > /dev/null
    • 変更が追加された新しい設定を表示するには、以下のコマンドを実行します。

      # multipath -t
  3. /etc/multipath.conf ファイルを再読み込みし、multipathd デーモンを再設定して変更を反映します。

    # service multipathd reload