Menu Close

6.4. デバイス名によるマルチパスの無効化

DM Multipath がマルチパスデバイスにグループ化しないように、デバイス名でデバイスタイプのマルチパスを無効にできます。

手順

  1. devnode エントリーを使用して、/etc/multipath.conf 設定ファイルのデバイスを無効にします。

    以下の例は、すべての sd* デバイスを無効にするため、すべての SCSI デバイスを無効にする DM Multipath 設定ファイル内の行を示しています。

    blacklist {
           devnode "^sd[a-z]"
    }

    devnode エントリーを使用すると、特定タイプのすべてのデバイスではなく、個別のデバイスを無効にできます。ただし、udev ルールで静的にマッピングされていない限り、再起動時に特定のデバイス名が同じ名前になる保証がないため、この方法は推奨されません。たとえば、システムが再起動するとデバイス名が /dev/sda から /dev/sdb に変わる可能性があります。

    デフォルトでは、DM Multipath は以下の devnode エントリーを使用して、SCSI、NVMe、または DASD 以外のすべてのデバイスを無効にします。

    blacklist {
           devnode "!^(sd[a-z]|dasd[a-z]|nvme[0-9])"
    }

    このエントリーを無効にするデバイスは、通常、 DM Multipath に対応していません。

  2. 次のいずれかのコマンドを実行してマルチパス設定ファイルを変更した後、/etc/multipath.conf ファイルを検証します。

    • 設定エラーを表示するには、以下のコマンドを実行します。

      # multipath -t > /dev/null
    • 変更が追加された新しい設定を表示するには、以下のコマンドを実行します。

      # multipath -t
  3. /etc/multipath.conf ファイルを再読み込みし、multipathd デーモンを再設定して変更を反映します。

    # service multipathd reload