Menu Close

第3章 DM Multipath の設定

mpathconf ユーティリティーを使用して DM Multipath を設定できます。このユーティリティーは、次のシナリオに基づいて /etc/multipath.conf マルチパス設定ファイルを作成または編集します。

  • /etc/multipath.conf ファイルが既に存在する場合は、mpathconf ユーティリティーでファイルを編集します。
  • /etc/multipath.conf ファイルが存在しない場合は、mpathconf ユーティリティーにより /etc/multipath.conf ファイルが新たに作成されます。

3.1. device-mapper-multipath パッケージの確認

システムに DM-Multipath をセットアップする前に、システムが最新であり、device-mapper-multipath パッケージがインストールされていることを確認してください。

手順

  1. システムに device-mapper-multipath パッケージが含まれているか確認します。

    # rpm -q device-mapper-multipath
    device-mapper-multipath-current-package-version

    システムにパッケージが含まれていない場合は、次のように出力されます。

    package device-mapper-multipath is not installed
  2. システムにパッケージが含まれていない場合は、次のコマンドを実行してパッケージをインストールします。

    # {PackageManager} install device-mapper-multipath