Menu Close

3.4. 追加のストレージデバイスの設定

デフォルトでは、DM Multipath をサポートする最も一般的なストレージアレイをサポートしています。

手順

  • 対応デバイスを含む初期設定値を表示します。

    # multipathd show config
    # multipath -t
  • オプション: 既知のマルチパスデバイスとして、デフォルトではサポートされていないストレージデバイスを追加するには、/etc/multipath.conf ファイルを編集して適切なデバイス情報を記入します。

    次の例は、HP Open-V シリーズに関する情報を追加する方法を示しています。これは、すべてのパスに障害が発生した場合には、1 分間 (または 5 秒ごとの再試行で 12 回の再試行を行う) のキュー待ちを行うようにデバイスを設定します。

    devices {
            device {
                    vendor "HP"
                    product "OPEN-V"
                    no_path_retry 12
            }
    }