Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.2. 64 ビット IBM Z アーキテクチャーで ReaR レスキューイメージの使用

Basic Relax and Recover (ReaR) 機能が、64 ビットの IBM Z アーキテクチャーでテクノロジープレビューとして利用できるようになりました。IBM Z では、z/VM 環境でのみ ReaR レスキューイメージを作成できます。論理パーティション (LPAR) のバックアップおよび復元はテストされていません。

重要

64 ビット IBM Z アーキテクチャーの ReaR はテクノロジープレビュー機能のみです。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat では、実稼働環境での使用を推奨していません。テクノロジープレビュー機能は、最新の製品機能をいち早く提供し、お客様には開発段階で機能性をテストし、フィードバックをお寄せいただくことができます。Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

現在利用できる出力方法は、Initial Program Load (IPL) のみです。IPL は、zIPL ブートローダーで使用できるカーネルと初期 ramdisk (initrd) を生成します。

前提条件

  • ReaR がインストールされている。

    • ReaR をインストールするには、dnf install rear コマンドを実行します。

手順

以下の変数を/etc/rear/local.confに追加し、64 ビット IBM Z アーキテクチャーでレスキューイメージを生成するように ReaR を設定します。

  1. IPL アウトプットメソッドを設定するには、OUTPUT=IPL を追加します。
  2. バックアップメソッドとバックアップ先を設定するには、BACKUP 変数および BACKUP_URL 変数を追加します。以下に例を示します。

    BACKUP=NETFS
    
    BACKUP_URL=nfs://<nfsserver name>/<share path>
    重要

    ローカルバックアップストレージは、現在、64 ビットの IBM Z アーキテクチャーではサポートされていません。

  3. 必要に応じて、OUTPUT_URL を設定して、カーネルファイルおよび initrd ファイルを保存することもできます。初期設定では、OUTPUT_URLBACKUP_URL に合わせて配置されています。
  4. バックアップとレスキューのイメージの作成を実行するには、次のコマンドを実行します。

    rear mkbackup
  5. これにより、BACKUP_URL 変数または OUTPUT_URL (設定されている場合) 変数で指定された場所にカーネルファイルと initrd ファイルが作成され、指定されたバックアップメソッドを使用してバックアップが作成されます。
  6. システムを復元するには、手順 3 で作成した ReaR カーネルファイルおよび initrd ファイルを使用し、zipl ブートローダー、カーネル、および initrd で準備した DASD (Direct Attached Storage Device) または FCP (Fibre Channel Protocol) 接続の SCSI デバイスから起動します。詳細は準備した DASD の使用を参照してください。
  7. レスキューカーネルと initrd が起動すると、ReaR レスキュー環境が起動します。システムの復元を続行します。
警告

現在、レスキュープロセスは、システムに接続したすべての DASD (Direct Attached Storage Devices) を再フォーマットします。システムのストレージデバイスに貴重なデータが存在する場合は、システムの復旧を行わないでください。これには、レスキュー環境で起動するのに使用された zipl ブートローダー、ReaR カーネル、および initrd で準備されたデバイスも含まれます。必ずコピーを保管してください。