Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.4. nmtui を使用した静的イーサネット接続の設定

nmtui アプリケーションは、NetworkManager 用のテキストベースのユーザーインターフェイスを提供します。nmtui を使用すると、グラフィカルインターフェイスを使用せずに、ホスト上で静的 IP アドレスを使用してイーサネット接続を設定できます。

注記

nmtui で 以下を行います。

  • カーソルキーを使用してナビゲートします。
  • ボタンを選択して Enter を押します。
  • Space を使用して、チェックボックスを選択および選択解除します。

手順

  1. 接続に使用するネットワークデバイス名がわからない場合は、使用可能なデバイスを表示します。

    # nmcli device status
    DEVICE     TYPE      STATE                   CONNECTION
    enp7s0     ethernet  unavailable             --
    ...
  2. nmtui を開始します。

    # nmtui
  3. Edit a connection 選択し、Enter を押します。
  4. Add ボタンを押します。
  5. ネットワークタイプのリストから Ethernet を選択し、Enter を押します。
  6. オプション:作成する NetworkManager プロファイルの名前を入力します。
  7. Device フィールドにネットワークデバイス名を入力します。
  8. IPv4 configuration および IPv6 configuration 領域で IPv4 および IPv6 アドレス設定を構成します。

    1. Automatic ボタンを押して、表示されたリストから Manual を選択します。
    2. 設定するプロトコルの横にある Show ボタンを押して、追加のフィールドを表示します。
    3. Addresses の横にある Add ボタンを押して、IP アドレスとサブネットマスクを Classless Inter-Domain Routing (CIDR) 形式で入力します。

      サブネットマスクを指定しない場合、NetworkManager は IPv4 アドレスに /32 サブネットマスクを設定し、IPv6 アドレスに /64 サブネットマスクを設定します。

    4. デフォルトゲートウェイのアドレスを入力します。
    5. DNS servers の横にある Add ボタンを押して、DNS サーバーのアドレスを入力します。
    6. Search domains の横にある Add ボタンを押して、DNS 検索ドメインを入力します。

    図3.1 静的 IP アドレス設定によるイーサネット接続の例

    nmtui ethernet static IP
  9. OK ボタンを押して、新しい接続を作成し、自動的にアクティブにします。
  10. Back ボタンを押してメインメニューに戻ります。
  11. Quit を選択し、Enter キーを押して nmtui アプリケーションを閉じます。

検証

  1. デバイスおよび接続の状態を表示します。

    # nmcli device status
    DEVICE      TYPE      STATE      CONNECTION
    enp7s0      ethernet  connected  Example-Connection
  2. ping ユーティリティーを使用して、このホストがパケットを他のホストに送信できることを確認します。

    # ping host_name_or_IP_address

トラブルシューティング

  • ネットワークケーブルがホストとスイッチにプラグインされていることを確認します。
  • リンク障害がこのホストだけに存在するか、同じスイッチに接続された他のホストにも存在するかを確認します。
  • ネットワークケーブルとネットワークインターフェイスが予想どおりに機能していることを確認します。ハードウェア診断手順を実施して、不具合ケーブルとネットワークインターフェイスカードを置き換えます。
  • ディスクの設定がデバイスの設定と一致しない場合は、NetworkManager を起動するか再起動して、インメモリー接続を作成することで、デバイスの設定を反映します。詳細と、この問題を回避する方法は、NetworkManager duplicates a connection after restart of NetworkManager service を参照してください。