Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第2章 SSSD とその利点について

システムセキュリティーサービスデーモン (System Security Services Daemon: SSSD) は、リモートディレクトリーと認証メカニズムにアクセスするシステムサービスです。本章では、SSSD の仕組み、SSSD の使用時の利点、設定ファイルの処理方法、設定可能な ID および認証プロバイダーの概要を説明します。

2.1. SSSD の仕組み

システムセキュリティーサービスデーモン (System Security Services Daemon: SSSD) は、リモートディレクトリーと認証メカニズムにアクセスするシステムサービスです。SSSD クライアント であるローカルシステムを、外部のバックエンドシステム (プロバイダー) に接続できます。

以下に例を示します。

  • LDAP ディレクトリー
  • IdM (Identity Management) ドメイン
  • AD (Active Directory) ドメイン
  • Kerberos レルム

SSSD は、以下の 2 段階で機能します。

  1. クライアントをリモートプロバイダーに接続し、ID 情報および認証情報を取得します。
  2. 取得した認証情報を使用して、クライアントにユーザーと認証情報のローカルキャッシュを作成します。

ローカルシステムのユーザーは、リモートプロバイダーに保存されているユーザーアカウントを使用して認証できます。

SSSD は、ローカルシステムでユーザーアカウントを作成しません。ただし、SSSD は、IdM ユーザーのホームディレクトリーを作成するように設定できます。作成が完了すると、IdM ユーザーのホームディレクトリーと、クライアント上のコンテンツは、ユーザーがログアウトしても削除されません。

図2.1 SSSD の仕組み

左側に SSSD キャッシュとともにローカルシステム (SSSD クライアント) が、右側にリモートシステム (プロバイダー) が表示されているフローチャート。リモートシステムからローカルシステムの SSSD キャッシュに向かう矢印には、SSSD でリモートシステムからユーザーの情報を取得して保存するとの説明が付けられています。

SSSD は、NSS (Name Service Switch) や PAM (Pluggable Authentication Modules) などの複数のシステムサービスのキャッシュを提供することもできます。