Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

19.2. virtiofs を使用したホストとその仮想マシン間でのファイルの共有のための Web コンソールの使用

RHEL Web コンソールを使用すると、virtiofs 機能を使用して、ホストシステムとその仮想マシン (VM) 間でファイルを効率的に共有できます。

前提条件

  • Web コンソールの VM プラグインが システムにインストールされている
  • 仮想マシンと共有するディレクトリーがある。既存のディレクトリーを共有したくない場合は、たとえば centurion という名前の新しいディレクトリーを作成します。

    # mkdir /home/centurion
  • データを共有する仮想マシンは、ゲスト OS として Linux ディストリビューションを使用します。

手順

  1. 仮想マシン インターフェイスで、ファイルを共有する VM をクリックします。

    新しいページが開き、選択した VM に関する基本情報を含む 概要 セクションと、コンソール セクションが表示されます。

  2. 共有ディレクトリー までスクロールします。

    共有ディレクトリー セクションには、その VM と共有されているホストファイルとディレクトリーに関する情報、および共有ディレクトリーを 追加 または 削除 するためのオプションが表示されます。

    選択した VM と共有されているディレクトリーを表示するイメージ。
  3. 共有ディレクトリーの追加 をクリックします。

    ホストディレクトリーをゲストと共有する ダイアログが表示されます。

    ホストディレクトリーをゲストと共有するダイアログボックスを表示するイメージ。
  4. 以下の情報を入力します。

    • ソースパス - 共有するホストディレクトリーへのパス。
    • マウントタグ - VM がディレクトリーをマウントするために使用するタグ。
  5. 追加オプションを設定します。

    • 拡張属性 - 共有ファイルとディレクトリーで拡張属性 xattr を有効にするかどうかを設定します。
  6. 共有 をクリックします。

    選択したディレクトリーは仮想マシンと共有されます。

検証

  • 共有ディレクトリーが VM でアクセス可能であり、そのディレクトリーに保存されているファイルを開くことができるようになったことを確認します。