Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

17.3.2. モジュラー libvirt デーモンの有効化

RHEL 9 では、libvirt ライブラリーは、ホスト上の個々の仮想化ドライバーセットを処理するモジュラーデーモンを使用します。たとえば、virtqemud デーモンは QEMU ドライバーを処理します。

RHEL 9 ホストの新規インストールを実行すると、ハイパーバイザーはデフォルトでモジュラー libvirt デーモンを使用します。ただし、ホストを RHEL 8 から RHEL 9 にアップグレードした場合、ハイパーバイザーは RHEL 8 のデフォルトであるモノリシックな libvirtd デーモンを使用します。

その場合、Red Hat は、代わりにモジュラー libvirt デーモンを有効にすることをお勧めします。これは、libvirt リソース管理を微調整するためのより良いオプションを提供するためです。また、RHEL の今後のメジャーリリースでは libvirtd はサポートされなくなる予定です。

前提条件

  • ハイパーバイザーがモノリシックな libvirtd サービスを使用している。これに該当するかどうかを知るには、次のコマンドを実行します。

    # systemctl is-active libvirtd.service
    active

    このコマンドで active が表示される場合、libvirtd を使用していることになります。

  • 仮想マシンがシャットダウンしている。

手順

  1. libvirtd とそのソケットを停止します。

    # systemctl stop libvirtd.service
    # systemctl stop libvirtd{,-ro,-admin,-tcp,-tls}.socket
  2. libvirtd を無効にして、システムの起動時に開始されないようにします。

    $ systemctl disable libvirtd.service
    $ systemctl disable libvirtd{,-ro,-admin,-tcp,-tls}.socket
  3. モジュラーの libvirt デーモンを有効にします。

    # for drv in qemu interface network nodedev nwfilter secret storage; do systemctl unmask virt${drv}d.service; systemctl unmask virt${drv}d{,-ro,-admin}.socket; systemctl enable virt${drv}d.service; systemctl enable virt${drv}d{,-ro,-admin}.socket; done
  4. モジュラーデーモンのソケットを起動します。

    # for drv in qemu network nodedev nwfilter secret storage; do systemctl start virt${drv}d{,-ro,-admin}.socket; done
  5. オプション:リモートホストからホストに接続する必要がある場合は、仮想化プロキシーデーモンを有効にして起動します。

    # systemctl unmask virtproxyd.service
    # systemctl unmask virtproxyd{,-ro,-admin,-tls}.socket
    # systemctl enable virtproxyd.service
    # systemctl enable virtproxyd{,-ro,-admin,-tls}.socket
    # systemctl start virtproxyd{,-ro,-admin,-tls}.socket

検証

  1. 有効化された仮想化デーモンをアクティブにします。

    # virsh uri
    qemu:///system
  2. ホストが virtqemud モジュラーデーモンを使用していることを確認します。

    # systemctl is-active virtqemud.service
    active

    このコマンドで active が表示される場合は、モジュラー libvirt デーモンが正常に有効化されていることになります。