Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

14.3.4. Web コンソールを使用した iSCSI ベースのストレージプールの作成

iSCSI ベースのストレージプールは、iSCSI (Internet Small Computer Systems Interface) をベースとする、データストレージ施設をリンクするための IP ベースのストレージネットワーク規格です。

前提条件

手順

  1. RHEL Web コンソールで、Virtual Machines タブの Storage pools をクリックします。

    Storage pools 画面が表示され、設定されているストレージプールの一覧が示されます。

    Image displaying all the storage pools currently configured on the host
  2. Create storage pool をクリックします。

    Create storage pool ダイアログボックスが表示されます。

  3. ストレージプールの名前を入力します。
  4. Type ドロップダウンメニューで、iSCSI target を選択します。

    ストレージプールの作成ダイアログボックスが表示されるイメージ
  5. 残りの情報を入力します。

    • Target Path - ターゲットを指定するパス。ストレージプールに使用されるパスになります。
    • Host - ISCSI サーバーのホスト名または IP アドレス。
    • Source path - iSCSI ターゲットの一意の iSCSI 修飾名 (IQN)。
    • 起動 - ホストの起動時にストレージプールが起動するかどうか
  6. 作成 をクリックします。

    ストレージプールが作成されます。Create storage pool ダイアログが閉じ、新しいストレージプールがストレージプールの一覧に表示されます。