Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

10.4. Web コンソールを使用した仮想マシンの起動

仮想マシンが 停止 状態にある場合は、RHEL 9 Web コンソールを使用して起動できます。ホストの起動時に、仮想マシンが自動的に起動するように設定することもできます。

前提条件

手順

  1. 仮想マシン インターフェイスで、起動する仮想マシンをクリックします。

    選択した仮想マシンの詳細情報を含む新しいページが開き、仮想マシンのシャットダウンおよび削除を制御できます。

  2. Run をクリックします。

    仮想マシンが起動し、そのコンソールまたはグラフィカル出力に接続 できます。

  3. オプション:ホスト起動時に仮想マシンが自動的に起動するように設定するには、Overview セクションの Autostart チェックボックスを切り替えます。

    libvirt が管理していないネットワークインターフェイスを使用する場合は、systemd 設定も変更する必要があります。そうしないと、影響を受ける仮想マシンが起動できなくなる可能性があります。starting virtual machines automatically when the host starts を参照してください。