6.2. Web コンソールを使用した仮想マシンのシャットダウンおよび再起動

RHEL 9 Web コンソールを使用して、実行中の仮想マシンを シャットダウン または 再起動 できます。仮想マシンが応答しない場合は、マスク不可割り込みを送信できます。

6.2.1. Web コンソールで仮想マシンのシャットダウン

仮想マシンが 稼働 状態であれば、RHEL 9 Web コンソールを使用してシャットダウンできます。

前提条件

手順

  1. 仮想マシン インターフェイスで、シャットダウンする仮想マシンがある行を見つけます。
  2. 行の右側で、Shut Down をクリックします。

    仮想マシンがシャットダウンします。

トラブルシューティング

  • 仮想マシンがシャットダウンしない場合には、シャットダウン ボタンの横にある をクリックして、シャットダウンの強制 を選択します。
  • 応答しない仮想マシンをシャットダウンするには、マスク不可割り込みを送信 することもできます。

6.2.2. Web コンソールを使用した仮想マシンの再起動

仮想マシンが 稼働 状態であれば、RHEL 9 Web コンソールを使用して再起動できます。

前提条件

手順

  1. Virtual Machines インターフェイスで、再起動する仮想マシンの行を見つけます。
  2. 行の右側にあるメニューボタン をクリックします。

    アクションのドロップダウンメニューが表示されます。

  3. ドロップダウンメニューで、Reboot をクリックします。

    仮想マシンがシャットダウンして再起動します。

トラブルシューティング

  • 仮想マシンが再起動しない場合には Reboot ボタンのとなりにある をクリックして Force Reboot を選択します。
  • 応答しない仮想マシンをシャットダウンするには、マスク不可割り込みを送信 することもできます。

6.2.3. Web コンソールでマスク不可割り込みを仮想マシンに送信する手順

NMI (マスク不可割り込み) を送信すると、応答しない稼働中の仮想マシンが応答またはシャットダウンする可能性があります。たとえば、Ctrl+Alt+Del の NMI を、標準入力に応答しない仮想マシンに送信できます。

前提条件

手順

  1. 仮想マシン インターフェイスで、NMI を送信する仮想マシンの行を見つけます。
  2. 行の右側にあるメニューボタン をクリックします。

    アクションのドロップダウンメニューが表示されます。

  3. ドロップダウンメニューで、Send non-maskable interrupt をクリックします。

    NMI が仮想マシンに送信されます。