第12章 仮想マシンの移行

仮想マシンの現在のホストが不安定な場合や使用できない場合や、ホストワークロードを再分散する場合は、仮想マシンを別の KVM ホストに移行できます。

12.1. 仮想マシンの移行の仕組み

仮想マシンの移行は、仮想マシンの XML 設定を別のホストマシンにコピーします。移行した仮想マシンがシャットダウンしていない場合、移行では、仮想マシンのメモリーと仮想デバイスの状態も移行先ホストマシンに転送されます。移行先ホストで仮想マシンが機能し続けるには、仮想マシンのディスクイメージが利用可能なままである必要があります。

デフォルトでは移行された仮想マシンは、移行先ホスト上では一時的なもので、移行元ホストでもそのまま定義されたままとなります。

ライブ マイグレーションまたは ライブ以外の マイグレーションを使用して、実行中の仮想マシンを移行できます。シャットダウンした仮想マシンを移行するには、オフライン マイグレーションを使用する必要があります。詳細は、以下の表を参照してください。

表12.1 仮想マシンの移行タイプ

移行タイプ説明ユースケースストレージ要件

ライブマイグレーション

仮想マシンは移行元ホストマシンでそのまま実行を続け、KVM が仮想マシンのメモリーページを移行先ホストに転送します。移行がほぼ完了すると、KVM はごく短い間仮想マシンを中断し、移行先ホストで再開します。

常に稼働する必要がある仮想マシンに役に立ちます。ただし、I/O 負荷の多き仮想マシンなど、KVM の転送時間よりも、メモリーページの変更が早く行われる仮想マシンでは、ライブマイグレーションは使用できないので、ライブマイグレーション以外の移行 を使用する必要があります。

仮想マシンのディスクイメージが 共有ネットワーク に存在し、移行元ホストと移行先ホストの両方からアクセスできる必要があります。

ライブマイグレーション以外の移行

仮想マシンを一時停止して、その設定とメモリーを移行先ホストにコピーし、仮想マシンを再開します。

仮想マシンに対するダウンタイムが発生しますが、一般的にはライブマイグレーションよりも信頼性が高くなります。メモリー負荷が大きい仮想マシンに推奨されます。

仮想マシンのディスクイメージが 共有ネットワーク に存在し、移行元ホストと移行先ホストの両方からアクセスできる必要があります。

オフラインマイグレーション

仮想マシンの設定を移行先ホストに移動します。

シャットダウンした仮想マシンや、仮想マシンをシャットダウンしてもワークロードを中断しない場合に推奨されます。

仮想マシンのディスクイメージは、共有ネットワークに配置する必要はなく、移行先ホストに手動でコピーまたは移動できます。

ライブマイグレーションライブマイグレーション以外の移行 を組み合わせることもできます。これは、(移行の完了を阻止する) 非常に多くの vCPU や大量のメモリーを使用する仮想マシンをライブマイグレーションする場合などに推奨されます。このようなシナリオでは、ソース仮想マシンを一時停止できます。これにより、追加のダーティーメモリーページが生成されなくなり、移行が完了する可能性が大幅に高くなります。ゲストのワークロードと移行中の静的ページ数に基づくと、このような ハイブリッド 移行では、ライブマイグレーション以外の移行よりも、ダウンタイムが大幅に削減される可能性があります。