Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

12.3. 仮想マシンの移行の制限事項

RHEL 9 で仮想マシンを移行する前に、移行の制限に注意してください。

  • 仮想マシンと libvirt のセッションコネクション間の移行 は信頼できないため、推奨されません。
  • 特定の機能と設定を使用する仮想マシンは、移行すると正しく機能しなくなるか、移行が失敗します。このような機能は次のとおりです。

    • デバイスパススルー
    • SR-IOV デバイスの割り当て
    • vGPU などの仲介デバイス
  • NUMA (Non-Uniform Memory Access) ピニングを使用するホスト間の移行は、ホストのトポロジーが類似している場合にのみ機能します。ただし、実行中のワークロードのパフォーマンスは、移行の影響を受ける可能性があります。
  • 移行元仮想マシンと移行先仮想マシンの両方で、エミュレートしている CPU が同一である必要があります。同一でないと、移行が失敗します。以下の CPU 関連領域の仮想マシン間で相違があると、移行の問題が発生する可能性があります。

    • CPU モデル

      注記

      Intel 64 ホストと AMD64 ホスト間の移行は、x86-64 命令セットを共有している場合でも サポートされていません。

    • ファームウェア設定
    • Microcode バージョン
    • BIOS バージョン
    • BIOS 設定
    • QEMU バージョン
    • カーネルバージョン
  • メモリーが 1 TB を超える仮想マシンのライブマイグレーションは、確実に機能しない場合があります。このような移行の安定性は、以下のとおりです。

    • 仮想マシンの現在のワークロード
    • ホストが移行に使用できるネットワーク帯域幅
    • デプロイメントがサポートすることのできるダウンタイム

    メモリーが 1 TB を超える仮想マシンのライブマイグレーションについては、Red Hat にお問い合わせください。