Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第1章 RHEL における仮想化について

本章では、仮想化の概念や、Linux における仮想化の実装について参考になるように、RHEL 9 における仮想化の概要、基本な内容、利点、コンポーネントなど、Red Hat が提供する仮想化ソリューションを説明します。

1.1. 仮想化とは

RHEL 9 では 仮想化機能 が提供され、RHEL 9 を実行するマシンが、複数の仮想マシン (VM) (ゲスト とも呼ばれます) を ホスト できるようにします。仮想マシンは、ホストの物理ハードウェアとコンピューティングリソースを使用して、独立した仮想化オペレーティングシステム (ゲスト OS) を、ホストのオペレーティングシステムのユーザー空間プロセスとして実行します

つまり、仮想化により、オペレーティングシステム内にオペレーティングシステムを追加できます。

仮想マシンを使用すると、ソフトウェアの設定や機能を安全にテストしたり、レガシーソフトウェアを実行したり、ハードウェアのワークロードの効率を最適化したりできます。利点の詳細は、Advantages of virtualization を参照してください。

仮想システムの詳細は 仮想化とは を参照してください。

次のステップ

  • Red Hat Enterprise Linux 9 で仮想化の使用を開始するには、Red Hat Enterprise Linux 9 での 仮想化の有効化 を 参照してください。
  • Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux 9 の仮想化以外にも、専門化した仮想化ソリューションを多数提供しています。各ソリューションには、さまざまなユーザーフォーカスおよび機能があります。詳細は、Red Hat virtualization solutions を参照してください。