Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2.3. Web コンソールでゲストオペレーティングシステムのインストール

仮想マシンを最初に読み込む際に、仮想マシンにオペレーティングシステムをインストールする必要があります。

注記

新しい仮想マシンを作成するときに Create and run または Import and run をクリックすると、仮想マシン作成時にオペレーティングシステムのインストールルーチンが自動的に開始されます。

前提条件

手順

  1. 仮想マシン インターフェイスで、ゲスト OS をインストールする仮想マシンを選択します。

    選択した仮想マシンの基本情報を含む新しいページが開き、仮想マシンのさまざまな側面を管理するための制御を行います。

    仮想マシンの詳細情報を表示するページ
  2. オプション:ファームウェアを変更します。

    注記

    新しい仮想マシンの作成時に Create and edit または Import and edit を選択し、仮想マシンに OS がまだインストールされていない場合にのみ、ファームウェアを変更できます。

    1. ファームウェアをクリックします。
    2. ファームウェアの変更ウィンドウで、目的のファームウェアを選択します。
    3. Save をクリックします。
  3. インストール をクリックします。

    仮想マシンコンソールで、オペレーティングシステムのインストールルーチンが実行します。

トラブルシューティング

  • インストールルーチンが失敗した場合は、仮想マシンを削除し、再作成する必要があります。