Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.2. IBM Z での仮想化の有効化

KVM ハイパーバイザーを設定し、RHEL 9 を実行している IBM Z システムで仮想マシンを作成するには、以下の手順に従います。

前提条件

  • 最低でも、以下のシステムリソースが利用できる。

    • ホスト用に 6 GB と、各仮想マシン用に 6 GB の空きディスク容量。
    • ホスト用に 2 GB と、各仮想マシン用に 2 GB の RAM。
    • ホスト上の 4 つの CPU通常、仮想マシンは、割り当てられた 1 つの vCPU で実行できますが、Red Hat は、高負荷時に仮想マシンが応答しなくならないように、仮想マシンごとに 2 つ以上の vCPU を割り当てることを推奨します。
  • IBM Z ホストシステムでは、z13 以降の CPU を使用している。
  • RHEL 9 が論理パーティション (LPAR) にインストールされている。また、LPAR が start-interpretive execution (SIE) 仮想機能に対応している。

    これを確認するには、/proc/cpuinfo ファイルで sie を検索します。

    # grep sie /proc/cpuinfo/
    features        : esan3 zarch stfle msa ldisp eimm dfp edat etf3eh highgprs te sie

手順

  1. 仮想化パッケージをインストールします。

    # dnf install qemu-kvm libvirt virt-install
  2. 仮想化サービスを起動します。

    # for drv in qemu network nodedev nwfilter secret storage interface; do systemctl start virt${drv}d{,-ro,-admin}.socket; done

検証

  1. システムが仮想ホストとして準備されていることを確認します。

    # virt-host-validate
    [...]
    QEMU: Checking if device /dev/kvm is accessible             : PASS
    QEMU: Checking if device /dev/vhost-net exists              : PASS
    QEMU: Checking if device /dev/net/tun exists                : PASS
    QEMU: Checking for cgroup 'memory' controller support       : PASS
    QEMU: Checking for cgroup 'memory' controller mount-point   : PASS
    [...]
  2. virt-host-validate のすべての項目で PASS 値が返された場合は、システムに 仮想マシンを作成する 準備ができています。

    いずれかの項目で FAIL が返された場合は、表示される指示に従って問題を解決してください。

    いずれかの項目で WARN が返された場合は、表示される指示に従って仮想化機能を向上させることを検討してください。

トラブルシューティング

  • KVM 仮想化がホスト CPU でサポートされていない場合は、virt-host-validate は以下の出力を生成します。

    QEMU: Checking for hardware virtualization: FAIL (Only emulated CPUs are available, performance will be significantly limited)

    ただし、このようなホストシステムにある仮想マシンは、パフォーマンス上の問題が発生するのではなく、起動に失敗します。

    これを回避するには、仮想マシンの XML 設定の <domain type> 値を qemu に変更します。ただし、Red Hat は qemu ドメインタイプを使用する仮想マシンに対応していないため、実稼働環境ではこれを設定しないことを強く推奨している点に注意してください。