13.3. Web コンソールを使用した仮想マシンのスナップショットの作成

仮想マシン (VM) の状態をスナップショットに保存するには、RHEL Web コンソールを使用できます。

前提条件

  • ホストが RHEL 9.4 以降を使用している。
  • Web コンソールの仮想マシンプラグインが システムにインストールされている
  • 仮想マシンがファイルベースのストレージを使用している。この条件を満たしていることを確認するには、次の手順を実行します。

    1. Web コンソールの Virtual machines インターフェイスで、スナップショットを作成する仮想マシンをクリックします。
    2. 管理概要の Disks ペインで、リストされているデバイスの Source 列を確認します。ソースが表示されているすべてのデバイスで、このソースが File である必要があります。

手順

  1. Web コンソールの Virtual machines インターフェイスで、スナップショットを作成する仮想マシンをクリックします。

    仮想マシンの管理概要が開きます。

  2. 管理概要の Snapshots ペインで、Create snapshot ボタンをクリックします。
  3. スナップショットの名前を入力し、必要に応じて説明を入力します。
  4. Create をクリックします。

検証

  1. スナップショットの作成が成功したことを確認するには、スナップショットが仮想マシンの Snapshots ペインに表示されていることを確認します。
  2. スナップショットが 外部 として作成されたことを確認します。これを行うには、ホストのコマンドラインインターフェイスで次のコマンドを使用します。

    # virsh snapshot-dumpxml <Testguest1> <Snapshot1> | grep external
    
      <disk name='vda' snapshot='external' type='file'>

    このコマンドの出力に snapshot='external' が含まれている場合、スナップショットは外部スナップショットであり、Red Hat によってサポートされます。