Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.4. 仮想管理に使用するツールおよびインターフェイス

RHEL 9 の仮想化は、コマンドラインインターフェイス (CLI) または複数のグラフィカルユーザーインターフェイス (GUI) を使用して管理できます。

コマンドラインインターフェイス

CLI は、RHEL 9 で仮想化を管理する最も強力な方法です。仮想マシン (VM) 管理用の CLI コマンドでは、以下のものがよく知られています。

  • virsh - 指定した引数に応じて、多種多様な目的を持つ多目的仮想コマンドラインユーティリティーおよびシェル。以下に例を示します。

    • 仮想マシンの起動およびシャットダウン - virsh start および virsh shutdown
    • 利用可能な仮想マシンの一覧表示 - virsh list
    • 設定ファイルからの仮想マシンの作成 - virsh create
    • 仮想化シェルの入力 - virsh

    詳細は、virsh(1) man ページを参照してください。

  • virt-install - 新しい仮想マシンを作成する CLI ユーティリティー。詳細は、virt-install(1) man ページを参照してください。
  • virt-xml - 仮想マシンの設定を編集するユーティリティー。
  • guestfish - 仮想マシンのディスクイメージを調べ、修正するユーティリティー。詳細は、guestfish(1) man ページを参照してください。

グラフィカルユーザーインターフェイス

以下の GUI を使用して、RHEL 9 で仮想化を管理できます。

  • RHEL 9 の Web コンソール (Cockpit とも呼ばれています) は、仮想マシンおよび仮想化ホストの管理用に、リモートからアクセスでき、簡単に使用できるグラフィカルユーザーインターフェイスを提供します。

    Web コンソールを使用した基本的な仮想化管理の手順については、Managing virtual machines in the web console を参照してください。