Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

22.7. RHEL 9 における仮想化機能のサポートの概要

以下の表は、利用可能なシステムアーキテクチャーで、RHEL 9 で選択された仮想化機能のサポート状態に関する比較情報を示しています。

表22.1 一般的なサポート

Intel 64 および AMD64IBM ZARM 64

サポート対象

サポート対象

サポート対象外

(テクノロジープレビュー)

表22.2 デバイスのホットプラグとホットアンプラグ

 Intel 64 および AMD64IBM ZARM 64

CPU ホットプラグ

サポート対象

サポート対象

利用できません

CPU のホットアンプラグ

サポート対象外

サポート対象外

利用できません

メモリーのホットプラグ

サポート対象

サポート対象外

利用できません

メモリーのホットアンプラグ

サポート対象外

サポート対象外

利用できません

周辺機器のホットプラグ

サポート対象

サポート対象 [a]

利用可能ですが サポートされていません

周辺機器のホットアンプラグ

サポート対象

サポート対象 [b]

利用可能ですが サポートされていません

[a] virtio-*-pci ではなく virtio-*-ccw デバイスを使用する必要があります。
[b] virtio-*-pci ではなく virtio-*-ccw デバイスを使用する必要があります。

表22.3 選択したその他の機能

 Intel 64 および AMD64IBM ZARM 64

NUMA チューニング

サポート対象

サポート対象外

利用できません

SR-IOV デバイス

サポート対象

サポート対象外

利用できません

virt-v2v および p2v

サポート対象

サポート対象外

利用できません

サポートされていない機能の一部は、Red Hat Virtualization や Red Hat OpenStack プラットフォームなどのその他の Red Hat 製品でサポートしていることに注意してください。詳細は、RHEL 9 仮想化で対応していない機能 を参照してください。