9.12. xmit_hash_policy ボンディングパラメーター

xmit_hash_policy 負荷分散パラメーターは、balance-xor802.3adbalance-alb、および balance-tlb モードでのノード選択の送信ハッシュポリシーを選択します。tlb_dynamic_lb parameter is 0 の場合、モード 5 および 6 にのみ適用されます。このパラメーターで使用できる値は、layer2layer2+3layer3+4encap2+3encap3+4、および vlan+srcmac です。

詳細については、次の表を参照してください。

ポリシー層またはネットワーク層

Layer2

Layer2+3

Layer3+4

encap2+3

encap3+4

VLAN+srcmac

用途

送信元および宛先の MAC アドレスとイーサネットプロトコルタイプの XOR

送信元および宛先の MAC アドレスと IP アドレスの XOR

送信元および宛先のポートと IP アドレスの XOR

サポートされているトンネル内の送信元と宛先の MAC アドレスと IP アドレスの XOR (仮想拡張 LAN (VXLAN) など)。このモードは、skb_flow_dissect() 関数に依存してヘッダーフィールドを取得します。

サポートされているトンネル内の送信元ポートと宛先ポートおよび IP アドレスの XOR (VXLAN など)。このモードは、skb_flow_dissect() 関数に依存してヘッダーフィールドを取得します。

VLAN ID、送信元 MAC ベンダー、送信元 MAC デバイスの XOR

トラフィックの配置

基盤となる同一ネットワークインターフェイス上にある特定のネットワークピアに向かうすべてのトラフィック

基盤となる同一ネットワークインターフェイス上の特定の IP アドレスに向かうすべてのトラフィック

基盤となる同一ネットワークインターフェイス上の特定の IP アドレスとポートに向かうすべてのトラフィック

   

プライマリーの選択

このシステムと、同じブロードキャスト doma0in 内の他の複数システムとの間でネットワークトラフィックが発生している場合

このシステムと他の複数システム間のネットワークトラフィックがデフォルトゲートウェイを通過する場合

このシステムと別のシステムの間のネットワークトラフィックが同じ IP アドレスを使用しているが、複数のポートを通過する場合

カプセル化されたトラフィックが、ソースシステムと、複数の IP アドレスを使用する他の複数システムとの間に発生している場合

カプセル化されたトラフィックが、ソースシステムと、複数のポート番号を使用する他のシステムとの間で発生している場合

ボンディングが複数のコンテナーまたは仮想マシン (VM) からのネットワークトラフィックを伝送し、それらの MAC アドレスをブリッジネットワークなどの外部ネットワークに直接公開し、モード 2 またはモード 4 のスイッチを設定できない場合

セカンダリーの選択

ネットワークトラフィックの大部分が、このシステムとデフォルトゲートウェイの背後にある複数の他のシステムとの間で発生する場合

ネットワークトラフィックの大部分がこのシステムと別のシステムとの間で発生する場合

    

有効

802.3ad

802.3ad

802.3ad 以外

   

デフォルトポリシー

設定されていない場合、これがデフォルトポリシー

非 IP トラフィックの場合、式は layer2 送信ポリシーと同じ

非 IP トラフィックの場合、式は layer2 送信ポリシーと同じ