Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.3. nmtui を使用した VLAN タグ付けの設定

nmtui アプリケーションは、NetworkManager 用のテキストベースのユーザーインターフェイスを提供します。nmtui を使用して、グラフィカルインターフェイスを使用せずにホスト上で VLAN タグ付けを設定できます。

注記

nmtui で 以下を行います。

  • カーソルキーを使用してナビゲートします。
  • ボタンを選択して Enter を押します。
  • Space を使用して、チェックボックスを選択および選択解除します。

前提条件

  • 仮想 VLAN インターフェイスに対する親として使用するインターフェイスが VLAN タグに対応している。
  • ボンドインターフェイスに VLAN を設定する場合は、以下のようになります。

    • ボンディングのポートが起動している。
    • ボンドが、fail_over_mac=follow オプションで設定されていない。VLAN 仮想デバイスは、親の新規 MAC アドレスに一致する MAC アドレスを変更できません。このような場合、トラフィックは間違ったソースの MAC アドレスで送信されます。
    • ボンドは通常、DHCP サーバーまたは IPv6 自動設定から IP アドレスを取得することは想定されていません。ボンディングの作成時に ipv4.method=disable オプションおよび ipv6.method=ignore オプションを設定してこれを確認します。そうしないと、DHCP または IPv6 の自動設定がしばらくして失敗した場合に、インターフェイスがダウンする可能性があります。
  • ホストが接続するスイッチは、VLAN タグに対応するように設定されています。詳細は、スイッチのドキュメントを参照してください。

手順

  1. VLAN タグ付けを設定するネットワークデバイス名がわからない場合は、使用可能なデバイスを表示します。

    # nmcli device status
    DEVICE     TYPE      STATE                   CONNECTION
    enp1s0     ethernet  unavailable             --
    ...
  2. nmtui を開始します。

    # nmtui
  3. Edit a connection 選択し、Enter を押します。
  4. Add ボタンを押します。
  5. ネットワークタイプのリストから VLAN を選択し、Enter を押します。
  6. オプション:作成する NetworkManager プロファイルの名前を入力します。
  7. 作成する VLAN デバイス名を Device フィールドに入力します。
  8. VLAN タグ付けを設定するデバイスの名前を Parent フィールドに入力します。
  9. VLAN ID を入力します。ID は 0 から 4094 の範囲内である必要があります。
  10. 環境に応じて、IPv4 configuration および IPv6 configuration 領域に IP アドレス設定を設定します。このためには、Automatic ボタンを押して、次を選択します。

    • この VLAN デバイスが IP アドレスを必要としない場合、または他のデバイスのポートとして使用する場合は、Disabled にします。
    • DHCP サーバーが IP アドレスを VLAN デバイスに動的に割り当てる場合は、Automatic にします。
    • ネットワークで静的 IP アドレス設定が必要な場合は Manual。この場合、さらにフィールドに入力する必要があります。

      1. 設定するプロトコルの横にある Show ボタンを押して、追加のフィールドを表示します。
      2. Addresses の横にある Add ボタンを押して、IP アドレスとサブネットマスクを Classless Inter-Domain Routing (CIDR) 形式で入力します。

        サブネットマスクを指定しない場合、NetworkManager は IPv4 アドレスに /32 サブネットマスクを設定し、IPv6 アドレスに /64 サブネットマスクを設定します。

      3. デフォルトゲートウェイのアドレスを入力します。
      4. DNS servers の横にある Add ボタンを押して、DNS サーバーのアドレスを入力します。
      5. Search domains の横にある Add ボタンを押して、DNS 検索ドメインを入力します。

    図5.1 静的 IP アドレス設定による VLAN 接続例

    nmtui vlan static IP
  11. OK ボタンを押して、新しい接続を作成し、自動的にアクティブにします。
  12. Back ボタンを押してメインメニューに戻ります。
  13. Quit を選択し、Enter キーを押して nmtui アプリケーションを閉じます。

検証

  • 設定を確認します。

    # ip -d addr show vlan10
    4: vlan10@enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP group default qlen 1000
        link/ether 52:54:00:72:2f:6e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff promiscuity 0
        vlan protocol 802.1Q id 10 <REORDER_HDR> numtxqueues 1 numrxqueues 1 gso_max_size 65536 gso_max_segs 65535
        inet 192.0.2.1/24 brd 192.0.2.255 scope global noprefixroute vlan10
           valid_lft forever preferred_lft forever
        inet6 2001:db8:1::1/32 scope global noprefixroute
           valid_lft forever preferred_lft forever
        inet6 fe80::8dd7:9030:6f8e:89e6/64 scope link noprefixroute
           valid_lft forever preferred_lft forever