Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

20.4. nmtui を使用した静的ルートの設定

nmtui アプリケーションは、NetworkManager 用のテキストベースのユーザーインターフェイスを提供します。nmtui を使用して、グラフィカルインターフェイスを使用せずにホスト上で静的ルートを設定できます。

この手順では、198.51.100.1 で実行しているゲートウェイを使用する 192.0.2.0/24 ネットワークにルートを追加する方法を説明します。これは、既存の接続プロファイルから到達可能です。

注記

nmtui で 以下を行います。

  • カーソルキーを使用してナビゲートします。
  • ボタンを選択して Enter を押します。
  • Space を使用して、チェックボックスを選択および選択解除します。

前提条件

  • ネットワークが設定されている。
  • 静的ルートのゲートウェイが、インターフェイスで直接到達できる。
  • 物理コンソールにログインしている場合は、十分な権限を有している。それ以外の場合は、コマンドに root 権限が必要になります。

手順

  1. nmtui を開始します。

    # nmtui
  2. Edit a connection 選択し、Enter を押します。
  3. 宛先ネットワークへのネクストホップに到達できる接続プロファイルを選択し、Enter を押します。
  4. IPv4 ルートまたは IPv6 ルートに応じて、プロトコルの設定エリアの横にある Show ボタンを押します。
  5. Routing の横にある Edit ボタンを押します。これにより、静的ルートを設定する新しいウィンドウが開きます。

    1. Add ボタンを押して、次のように入力します。

      • Classless Inter-Domain Routing (CIDR) 形式の接頭辞を含む宛先ネットワーク
      • ネクストホップの IP アドレス
      • 同じネットワークに複数のルートを追加し、効率によってルートに優先順位を付けたい場合のメトリック値
    2. 追加するルートごとに前の手順を繰り返し、この接続プロファイルを介して到達できます。
    3. OK ボタンを押して、接続設定のウィンドウに戻ります。

      図20.1 メトリックのない静的ルートの例

      nmtui add static route
  6. OK ボタンを押して nmtui メインメニューに戻ります。
  7. Activate a connection を選択し、Enter を押します。
  8. 編集した接続プロファイルを選択し、Enter キーを 2 回押して非アクティブ化し、再度アクティブ化します。

    重要

    再アクティブ化する接続プロファイルを使用する SSH などのリモート接続で nmtui を実行する場合は、この手順をスキップしてください。この場合は、nmtui で非アクティブ化すると、接続が切断されるため、再度アクティブ化することはできません。この問題を回避するには、nmcli connection connection_profile_name up コマンドを使用して、前述のシナリオで接続を再アクティブ化します。

  9. Back ボタンを押してメインメニューに戻ります。
  10. Quit を選択し、Enter キーを押して nmtui アプリケーションを閉じます。

検証

  • ルートがアクティブであることを確認します。

    $ ip route
    ...
    192.0.2.0/24 via 198.51.100.1 dev example proto static metric 100