Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.6. nmtui を使用したネットワークボンドの設定

nmtui アプリケーションは、NetworkManager 用のテキストベースのユーザーインターフェイスを提供します。nmtui を使用して、グラフィカルインターフェイスを使用せずにホスト上でネットワークボンドを設定できます。

注記

nmtui で 以下を行います。

  • カーソルキーを使用してナビゲートします。
  • ボタンを選択して Enter を押します。
  • Space を使用して、チェックボックスを選択および選択解除します。

前提条件

  • サーバーに、2 つ以上の物理ネットワークデバイスまたは仮想ネットワークデバイスがインストールされている。
  • ボンディングのポートとしてイーサネットデバイスを使用するには、物理または仮想のイーサネットデバイスがサーバーにインストールされている。

手順

  1. ネットワークボンドを設定するネットワークデバイス名がわからない場合は、使用可能なデバイスを表示します。

    # nmcli device status
    DEVICE     TYPE      STATE                   CONNECTION
    enp7s0     ethernet  unavailable             --
    enp8s0     ethernet  unavailable             --
    ...
  2. nmtui を開始します。

    # nmtui
  3. Edit a connection 選択し、Enter を押します。
  4. Add ボタンを押します。
  5. ネットワークタイプのリストから Bond を選択し、Enter を押します。
  6. オプション:作成する NetworkManager プロファイルの名前を入力します。
  7. 作成するボンドデバイス名を Device フィールドに入力します。
  8. 作成するボンドにポートを追加します。

    1. Slaves リストの横にある Add ボタンを押します。
    2. ボンドにポートとして追加するインターフェイスのタイプ (例: Ethernet) を選択します。
    3. オプション:このボンドポート用に作成する NetworkManager プロファイルの名前を入力します。
    4. ポートのデバイス名を Device フィールドに入力します。
    5. OK ボタンを押して、ボンド設定のウィンドウに戻ります。

      図9.1 イーサネットデバイスをポートとしてボンドに追加する

      nmtui bond add port
    6. ボンドにさらにポートを追加するには、これらの手順を繰り返します。
  9. ボンディングモードを設定します。設定した値に応じて、nmtui は、選択したモードに関連する設定の追加フィールドを表示します。
  10. 環境に応じて、IPv4 configuration および IPv6 configuration 領域に IP アドレス設定を設定します。このためには、Automatic ボタンを押して、次を選択します。

    • ボンドが IP アドレスを必要としない場合は Disabled にします。
    • DHCP サーバーが IP アドレスをボンドに動的に割り当てる場合は、Automatic にします。
    • ネットワークで静的 IP アドレス設定が必要な場合は Manual。この場合、さらにフィールドに入力する必要があります。

      1. 設定するプロトコルの横にある Show ボタンを押して、追加のフィールドを表示します。
      2. Addresses の横にある Add ボタンを押して、IP アドレスとサブネットマスクを Classless Inter-Domain Routing (CIDR) 形式で入力します。

        サブネットマスクを指定しない場合、NetworkManager は IPv4 アドレスに /32 サブネットマスクを設定し、IPv6 アドレスに /64 サブネットマスクを設定します。

      3. デフォルトゲートウェイのアドレスを入力します。
      4. DNS servers の横にある Add ボタンを押して、DNS サーバーのアドレスを入力します。
      5. Search domains の横にある Add ボタンを押して、DNS 検索ドメインを入力します。

    図9.2 静的 IP アドレス設定によるボンド接続例

    nmtui bond static IP
  11. OK ボタンを押して、新しい接続を作成し、自動的にアクティブにします。
  12. Back ボタンを押してメインメニューに戻ります。
  13. Quit を選択し、Enter キーを押して nmtui アプリケーションを閉じます。

検証

  1. ホストからネットワークケーブルを一時的に削除します。

    ソフトウェアユーティリティーを使用して、リンク障害イベントを適切にテストする方法がないことに注意してください。nmcli などの接続を非アクティブにするツールでは、ポート設定の変更を処理するボンディングドライバーの機能のみが表示され、実際のリンク障害イベントは表示されません。

  2. ボンドのステータスを表示します。

    # cat /proc/net/bonding/bond0