Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第21章 代替ルートを定義するポリシーベースのルーティングの設定

デフォルトでは、RHEL のカーネルは、ルーティングテーブルを使用して宛先アドレスに基づいてネットワークパケットを転送する場所を決定します。ポリシーベースのルーティングにより、複雑なルーティングシナリオを設定できます。たとえば、送信元アドレス、パケットメタデータ、プロトコルなどのさまざまな基準に基づいてパケットをルーティングできます。

本セクションでは、NetworkManager を使用してポリシーベースのルーティングを設定する方法を説明します。

注記

NetworkManager を使用するシステムでは、nmcli ユーティリティーのみがルーティングルールの設定と、特定のテーブルへのルートの割り当てをサポートします。

21.1. NetworkManager を使用した特定のサブネットから別のデフォルトゲートウェイへのトラフィックのルーティング

ポリシーベースのルーティングを使用して、特定のサブネットからのトラフィックに対して別のデフォルトゲートウェイを設定できます。たとえば、デフォルトルートを使用してすべてのトラフィックをインターネットプロバイダー A にルーティングするルーターとして RHEL を設定できます。ただし、内部ワークステーションサブネットから受信したトラフィックはプロバイダー B にルーティングされます。

この手順では、次のネットワークトポロジーを想定しています。

policy based routing

前提条件

  • システムは、NetworkManager を使用して、ネットワークを設定します (これがデフォルトです)。
  • この手順で設定する RHEL ルーターには、4 つのネットワークインターフェイスがあります。

    • enp7s0 インターフェイスはプロバイダー A のネットワークに接続されます。プロバイダーのネットワークのゲートウェイ IP は 198.51.100.2 で、ネットワークは /30 ネットワークマスクを使用します。
    • enp1s0 インターフェイスはプロバイダー B のネットワークに接続されます。プロバイダーのネットワークのゲートウェイ IP は 192.0.2.2 で、ネットワークは /30 ネットワークマスクを使用します。
    • enp8s0 インターフェイスは、内部ワークステーションで 10.0.0.0/24 サブネットに接続されています。
    • enp9s0 インターフェイスは、会社のサーバーで 203.0.113.0/24 サブネットに接続されています。
  • 内部ワークステーションのサブネット内のホストは、デフォルトゲートウェイとして 10.0.0.1 を使用します。この手順では、この IP アドレスをルーターの enp8s0 ネットワークインターフェイスに割り当てます。
  • サーバーサブネット内のホストは、デフォルトゲートウェイとして 203.0.113.1 を使用します。この手順では、この IP アドレスをルーターの enp9s0 ネットワークインターフェイスに割り当てます。
  • デフォルトでは、firewalld サービスは有効でアクティブになっています。

手順

  1. プロバイダー A へのネットワークインターフェイスを設定します。

    # nmcli connection add type ethernet con-name Provider-A ifname enp7s0 ipv4.method manual ipv4.addresses 198.51.100.1/30 ipv4.gateway 198.51.100.2 ipv4.dns 198.51.100.200 connection.zone external

    nmcli connection add コマンドでは、NetworkManager 接続プロファイルが作成されます。次の一覧では、コマンドのオプションを説明します。

    • type ethernet:接続タイプがイーサネットであることを定義します。
    • con-name connection_name:プロファイルの名前を設定します。混乱を避けるために、わかりやすい名前を使用してください。
    • ifname network_device:ネットワークインターフェイスを設定します。
    • ipv4.method manual:静的 IP アドレスを設定できるようにします。
    • ipv4.addresses IP_address/subnet_mask:IPv4 アドレスおよびサブネットマスクを設定します。
    • ipv4.gateway IP_address:デフォルトのゲートウェイアドレスを設定します。
    • ipv4.dns IP_of_DNS_server:DNS サーバーの IPv4 アドレスを設定します。
    • connection.zone firewalld_zone:定義した firewalld ゾーンにネットワークインターフェイスを割り当てます。firewalld は、外部 ゾーンに割り当てられたマスカレードインターフェイスを自動的に有効にすることに注意してください。
  2. プロバイダー B へのネットワークインターフェイスを設定します。

    # nmcli connection add type ethernet con-name Provider-B ifname enp1s0 ipv4.method manual ipv4.addresses 192.0.2.1/30 ipv4.routes "0.0.0.0/0 192.0.2.2 table=5000" connection.zone external

    このコマンドは、デフォルトゲートウェイを設定する ipv4.gateway の代わりに、ipv4.routes パラメーターを使用します。これは、この接続のデフォルトゲートウェイを、デフォルトのルーティングテーブル (5000) に割り当てるために必要です。NetworkManager は、接続がアクティブになると、この新しいルーティングテーブルを自動的に作成します。

  3. 内部ワークステーションサブネットへのネットワークインターフェイスを設定します。

    # nmcli connection add type ethernet con-name Internal-Workstations ifname enp8s0 ipv4.method manual ipv4.addresses 10.0.0.1/24 ipv4.routes "10.0.0.0/24 table=5000" ipv4.routing-rules "priority 5 from 10.0.0.0/24 table 5000" connection.zone trusted

    このコマンドは、ipv4.routes パラメーターを使用して、ID が 5000 のルーティングテーブルに静的ルートを追加します。10.0.0.0/24 サブネットのこの静的ルートは、ローカルネットワークインターフェイスの IP を使用してプロバイダー B (192.0.2.1) を次のホップとして使用します。

    また、このコマンドでは ipv4.routing-rules パラメーターを使用して、優先度 5 のルーティングルールを追加します。このルーティングルールは、トラフィックを 10.0.0.0/24 サブネットからテーブル 5000 へルーティングします。値が小さいほど優先度が高くなります。

    ipv4.routing-rules パラメーターの構文は ip rule add コマンドと同じですが、ipv4.routing-rules は常に優先度を指定する必要があります。

  4. サーバーサブネットへのネットワークインターフェイスを設定します。

    # nmcli connection add type ethernet con-name Servers ifname enp9s0 ipv4.method manual ipv4.addresses 203.0.113.1/24 connection.zone trusted

検証手順

  1. 内部ワークステーションサブネットの RHEL ホストで、以下を行います。

    1. traceroute パッケージをインストールします。

      # dnf install traceroute
    2. traceroute ユーティリティーを使用して、インターネット上のホストへのルートを表示します。

      # traceroute redhat.com
      traceroute to redhat.com (209.132.183.105), 30 hops max, 60 byte packets
       1  10.0.0.1 (10.0.0.1)     0.337 ms  0.260 ms  0.223 ms
       2  192.0.2.1 (192.0.2.1)   0.884 ms  1.066 ms  1.248 ms
       ...

      コマンドの出力には、ルーターがプロバイダー B のネットワークである 192.0.2.1 経由でパケットを送信することが表示されます。

  2. サーバーのサブネットの RHEL ホストで、以下を行います。

    1. traceroute パッケージをインストールします。

      # dnf install traceroute
    2. traceroute ユーティリティーを使用して、インターネット上のホストへのルートを表示します。

      # traceroute redhat.com
      traceroute to redhat.com (209.132.183.105), 30 hops max, 60 byte packets
       1  203.0.113.1 (203.0.113.1)    2.179 ms  2.073 ms  1.944 ms
       2  198.51.100.2 (198.51.100.2)  1.868 ms  1.798 ms  1.549 ms
       ...

      コマンドの出力には、ルーターがプロバイダー A のネットワークである 198.51.100.2 経由でパケットを送信することが表示されます。

トラブルシューティングの手順

RHEL ルーターで以下を行います。

  1. ルールの一覧を表示します。

    # ip rule list
    0:	from all lookup local
    5:	from 10.0.0.0/24 lookup 5000
    32766:	from all lookup main
    32767:	from all lookup default

    デフォルトでは、RHEL には、local テーブル、main テーブル、および default テーブルのルールが含まれます。

  2. テーブル 5000 のルートを表示します。

    # ip route list table 5000
    0.0.0.0/0 via 192.0.2.2 dev enp1s0 proto static metric 100
    10.0.0.0/24 dev enp8s0 proto static scope link src 192.0.2.1 metric 102
  3. インターフェイスとファイアウォールゾーンを表示します。

    # firewall-cmd --get-active-zones
    external
      interfaces: enp1s0 enp7s0
    trusted
      interfaces: enp8s0 enp9s0
  4. external ゾーンでマスカレードが有効になっていることを確認します。

    # firewall-cmd --info-zone=external
    external (active)
      target: default
      icmp-block-inversion: no
      interfaces: enp1s0 enp7s0
      sources:
      services: ssh
      ports:
      protocols:
      masquerade: yes
      ...

関連情報