Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第9章 ネットワークブリッジの設定

ネットワークブリッジは、MAC アドレスのテーブルに基づいてネットワーク間のトラフィックを転送するリンク層デバイスです。ブリッジは、ネットワークトラフィックをリッスンし、どのホストが各ネットワークに接続しているかを把握して、MAC アドレステーブルを構築します。たとえば、Red Hat Enterprise Linux ホストのソフトウェアブリッジを使用して、ハードウェアブリッジまたは仮想環境をエミュレートし、仮想マシンをホストと同じネットワークに統合できます。

ブリッジには、ブリッジが接続する必要がある各ネットワークにネットワークデバイスが必要です。ブリッジを設定する場合には、ブリッジは コントローラー と呼ばれ、ポート を使用するデバイスです。

以下のように、さまざまなタイプのデバイスにブリッジを作成できます。

  • 物理および仮想イーサネットデバイス
  • ネットワークボンド
  • ネットワークチーム
  • VLAN デバイス

Wi-Fi で効率的に使用するために、Wi-Fi で 3-address フレームの使用を指定する IEEE 802.11 規格により、Ad-Hoc モードまたは Infrastructure モードで稼働している Wi-Fi ネットワークにはブリッジを設定できません。

9.1. nmcli コマンドによるネットワークブリッジの設定

本セクションは、nmcli ユーティリティーを使用してネットワークブリッジを設定する方法を説明します。

前提条件

手順

  1. ブリッジインターフェイスを作成します。

    # nmcli connection add type bridge con-name bridge0 ifname bridge0

    このコマンドにより bridge0 という名前のブリッジが作成されます。以下を入力します。

  2. ネットワークインターフェイスを表示し、ブリッジに追加するインターフェイスの名前を書き留めます。

    # nmcli device status
    DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION
    enp7s0  ethernet  disconnected  --
    enp8s0  ethernet  disconnected  --
    bond0   bond      connected     bond0
    bond1   bond      connected     bond1
    ...

    この例では、以下のように設定されています。

    • enp7s0 および enp8s0 は設定されません。これらのデバイスをポートとして使用するには、次のステップに接続プロファイルを追加します。
    • bond0 および bond1 には既存の接続プロファイルがあります。これらのデバイスをポートとして使用するには、次の手順でプロファイルを変更します。
  3. インターフェイスをブリッジに割り当てます。

    1. ブリッジに割り当てるインターフェイスが設定されていない場合は、それらのブリッジに新しい接続プロファイルを作成します。

      # nmcli connection add type ethernet slave-type bridge con-name bridge0-port1 ifname enp7s0 master bridge0
      # nmcli connection add type ethernet slave-type bridge con-name bridge0-port2 ifname enp8s0 master bridge0

      これらのコマンドにより、enp7s0 および enp8s0 のプロファイルが作成され、それらを bridge0 接続に追加します。

    2. 既存の接続プロファイルをブリッジに割り当てるには、以下の接続の master パラメーターを bridge0 に設定します。

      # nmcli connection modify bond0 master bridge0
      # nmcli connection modify bond1 master bridge0

      これらのコマンドは、bond0 および bond1 という名前の既存の接続プロファイルを bridge0 接続に割り当てます。

  4. ブリッジの IP 設定を設定します。このブリッジを他のデバイスのポートとして使用する場合は、この手順を省略します。

    1. IPv4 設定を設定します。たとえば、bridge0 接続の静的 IPv4 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS サーバー、および DNS 検索ドメインを設定するには、次のコマンドを実行します。

      # nmcli connection modify bridge0 ipv4.addresses '192.0.2.1/24'
      # nmcli connection modify bridge0 ipv4.gateway '192.0.2.254'
      # nmcli connection modify bridge0 ipv4.dns '192.0.2.253'
      # nmcli connection modify bridge0 ipv4.dns-search 'example.com'
      # nmcli connection modify bridge0 ipv4.method manual
    2. IPv6 設定を設定します。たとえば、bridge0 接続の静的 IPv6 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS サーバー、DNS 検索ドメインを設定するには、次のコマンドを実行します。

      # nmcli connection modify bridge0 ipv6.addresses '2001:db8:1::1/64'
      # nmcli connection modify bridge0 ipv6.gateway '2001:db8:1::fffe'
      # nmcli connection modify bridge0 ipv6.dns '2001:db8:1::fffd'
      # nmcli connection modify bridge0 ipv6.dns-search 'example.com'
      # nmcli connection modify bridge0 ipv6.method manual
  5. オプション:ブリッジのその他のプロパティーを設定します。たとえば、bridge0 の STP (Spanning Tree Protocol) の優先度を 16384 に設定するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection modify bridge0 bridge.priority '16384'

    デフォルトでは STP が有効になっています。

  6. 接続をアクティベートします。

    # nmcli connection up bridge0
  7. ポートが接続されており、CONNECTION コラムがポートの接続名を表示していることを確認します。

    # nmcli device
    DEVICE   TYPE      STATE      CONNECTION
    ...
    enp7s0   ethernet  connected  bridge0-port1
    enp8s0   ethernet  connected  bridge0-port2

    接続のいずれかのポートをアクティブにすると、NetworkManager はブリッジもアクティブにしますが、他のポートはアクティブにしません。ブリッジが有効になっている場合、Red Hat Enterprise Linux がすべてのポートを自動的に有効にするように設定できます。

    1. ブリッジ接続の connection.autoconnect-slaves パラメーターを有効にします。

      # nmcli connection modify bridge0 connection.autoconnect-slaves 1
    2. ブリッジを再度アクティブにします。

      # nmcli connection up bridge0

検証手順

  • ip ユーティリティーを使用して、特定のブリッジのポートであるイーサネットデバイスのリンクステータスを表示します。

    # ip link show master bridge0
    3: enp7s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel master bridge0 state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
        link/ether 52:54:00:62:61:0e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    4: enp8s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel master bridge0 state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
        link/ether 52:54:00:9e:f1:ce brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
  • bridge ユーティリティーを使用して、任意のブリッジデバイスのポートであるイーサネットデバイスの状態を表示します。

    # bridge link show
    3: enp7s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 master bridge0 state forwarding priority 32 cost 100
    4: enp8s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 master bridge0 state listening priority 32 cost 100
    5: enp9s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 master bridge1 state forwarding priority 32 cost 100
    6: enp11s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 master bridge1 state blocking priority 32 cost 100
    ...

    特定のイーサネットデバイスのステータスを表示するには、bridge link show dev ethernet_device_name コマンドを使用します。