第48章 nm-cloud-setup を使用してパブリッククラウドのネットワークインターフェイスを自動的に設定する

通常、仮想マシン (VM) には、DHCP によって設定可能なインターフェイスが 1 つだけあります。しかし、DHCP は、インターフェイス、IP サブネット、IP アドレスなど、複数のネットワークエンティティーを使用して仮想マシンを設定することはできません。また、仮想マシンインスタンスの実行中は設定を適用できません。この実行時設定の問題を解決するために、nm-cloud-setup ユーティリティーはクラウドサービスプロバイダーのメタデータサーバーから設定情報を自動的に取得し、ホストのネットワーク設定を更新します。このユーティリティーは、複数のネットワークインターフェイス、複数の IP アドレス、または 1 つのインターフェイスの IP サブネットを自動的に取得し、実行中の仮想マシンインスタンスのネットワークを再設定するのに役立ちます。

48.1. nm-cloud-setup の設定と事前デプロイ

パブリッククラウドでネットワークインターフェイスを有効にして設定するには、nm-cloud-setup をタイマーおよびサービスとして実行します。

注記

Red Hat Enterprise Linux On Demand および AWS ゴールデンイメージでは、nm-cloud-setup がすでに有効になっており、アクションは不要です。

前提条件

  • ネットワーク接続が存在します。
  • 接続は DHCP を使用します。

    デフォルトでは、NetworkManager は DHCP を使用する接続プロファイルを作成します。/etc/NetworkManager/NetworkManager.confno-auto-default パラメーターを設定したためにプロファイルが作成されなかった場合は、この初期接続を手動で作成します。

手順

  1. nm-cloud-setup パッケージをインストールします。

    # dnf install NetworkManager-cloud-setup
  2. nm-cloud-setup サービスのスナップインファイルを作成して実行します。

    1. 次のコマンドを使用して、スナップインファイルの編集を開始します。

      # systemctl edit nm-cloud-setup.service

      設定を有効にするには、サービスを明示的に開始するか、システムを再起動することが重要です。

    2. systemd スナップインファイルを使用して、nm-cloud-setup でクラウドプロバイダーを設定します。たとえば、Amazon EC2 を使用するには、次のように入力します。

      [Service]
      Environment=NM_CLOUD_SETUP_EC2=yes

      次の環境変数を設定して、クラウドが使用できるようにすることができます。

      • NM_CLOUD_SETUP_AZURE for Microsoft Azure
      • NM_CLOUD_SETUP_EC2 for Amazon EC2 (AWS)
      • NM_CLOUD_SETUP_GCP for Google Cloud Platform(GCP)
      • NM_CLOUD_SETUP_ALIYUN for Alibaba Cloud (Aliyun)
    3. ファイルを保存して、エディターを終了します。
  3. systemd 設定をリロードします。

    # systemctl daemon-reload
  4. nm-cloud-setup サービスを有効にして開始します。

    # systemctl enable --now nm-cloud-setup.service
  5. nm-cloud-setup タイマーを有効にして開始します。

    # systemctl enable --now nm-cloud-setup.timer

関連情報