Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第24章 LLDP を使用したネットワーク設定の問題のデバッグ

Link Layer Discovery Protocol (LLDP) を使用して、トポロジー内のネットワーク設定の問題をデバッグできます。つまり、LLDP は、他のホストまたはルーターやスイッチとの設定の不整合を報告できます。

24.1. LLDP 情報を使用した誤った VLAN 設定のデバッグ

特定の VLAN を使用するようにスイッチポートを設定し、ホストがこれらの VLAN パケットを受信しない場合は、Link Layer Discovery Protocol (LLDP) を使用して問題をデバッグできます。パケットを受信しないホストでこの手順を実行します。

前提条件

  • nmstate パッケージがインストールされている。
  • スイッチは LLDP をサポートしています。
  • LLDP は隣接デバイスで有効になっています。

手順

  1. 次のコンテンツで ~/enable-LLDP-enp1s0.yml ファイルを作成します。

    interfaces:
      - name: enp1s0
        type: ethernet
        lldp:
          enabled: true
  2. ~/enable-LLDP-enp1s0.yml ファイルを使用して、インターフェイス enp1s0 で LLDP を有効にします。

    # nmstatectl apply ~/enable-LLDP-enp1s0.yml
  3. LLDP 情報を表示します。

    # nmstatectl show enp1s0
    - name: enp1s0
      type: ethernet
      state: up
      ipv4:
        enabled: false
        dhcp: false
      ipv6:
        enabled: false
        autoconf: false
        dhcp: false
      lldp:
        enabled: true
        neighbors:
        - - type: 5
            system-name: Summit300-48
          - type: 6
            system-description: Summit300-48 - Version 7.4e.1 (Build 5)
              05/27/05 04:53:11
          - type: 7
            system-capabilities:
            - MAC Bridge component
            - Router
          - type: 1
            _description: MAC address
            chassis-id: 00:01:30:F9:AD:A0
            chassis-id-type: 4
          - type: 2
            _description: Interface name
            port-id: 1/1
            port-id-type: 5
          - type: 127
            ieee-802-1-vlans:
            - name: v2-0488-03-0505
              vid: 488
            oui: 00:80:c2
            subtype: 3
          - type: 127
            ieee-802-3-mac-phy-conf:
              autoneg: true
              operational-mau-type: 16
              pmd-autoneg-cap: 27648
            oui: 00:12:0f
            subtype: 1
          - type: 127
            ieee-802-1-ppvids:
            - 0
            oui: 00:80:c2
            subtype: 2
          - type: 8
            management-addresses:
            - address: 00:01:30:F9:AD:A0
              address-subtype: MAC
              interface-number: 1001
              interface-number-subtype: 2
          - type: 127
            ieee-802-3-max-frame-size: 1522
            oui: 00:12:0f
            subtype: 4
      mac-address: 82:75:BE:6F:8C:7A
      mtu: 1500
  4. 出力を確認して、想定される設定と一致していることを確認します。たとえば、スイッチに接続されているインターフェイスの LLDP 情報は、このホストが接続されているスイッチポートが VLAN ID 448 を使用していることを示しています。

    - type: 127
            ieee-802-1-vlans:
            - name: v2-0488-03-0505
              vid: 488

    enp1s0 インターフェイスのネットワーク設定で異なる VLANID を使用している場合は、それに応じて変更してください。

関連情報

VLAN タグの設定