Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第41章 分離された VRF ネットワーク内でのサービスの開始

VRF (Virtual Routing and Forwarding) を使用すると、オペレーティングシステムのメインのルーティングテーブルとは異なるルーティングテーブルを使用して、分離したネットワークを作成できます。その後、サービスとアプリケーションを起動して、そのルーティングテーブルで定義されたネットワークにのみアクセスできるようにできます。

41.1. VRF デバイスの設定

VRF (Virtual Routing and Forwarding) を使用するには、VRF デバイスを作成し、物理ネットワークインターフェイスまたは仮想ネットワークインターフェイスを割り当て、そのデバイスにルーティング情報を提供します。

警告

リモートでロックアウトを防ぐには、ローカルコンソール、または VRF デバイスに割り当てないネットワークインターフェイスを介してリモートでこの手順を実行します。

前提条件

  • ローカルでログインしているか、VRF デバイスに割り当てるネットワークインターフェイスとは異なるネットワークインターフェイスを使用している。

手順

  1. 同じ名前の仮想デバイスで vrf0 接続を作成し、これをルーティングテーブル 1000 に割り当てます。

    # nmcli connection add type vrf ifname vrf0 con-name vrf0 table 1000 ipv4.method disabled ipv6.method disabled
  2. enp1s0 デバイスーを vrf0 接続に追加し、IP 設定を設定します。

    # nmcli connection add type ethernet con-name enp1s0 ifname enp1s0 master vrf0 ipv4.method manual ipv4.address 192.0.2.1/24 ipv4.gateway 192.0.2.254

    このコマンドは、enp1s0 接続を、vrf0 接続のポートとして作成します。この設定により、ルーティング情報は、vrf0 デバイスに関連付けられているルーティングテーブル 1000 に自動的に割り当てられます。

  3. 分離したネットワークで静的ルートが必要な場合は、以下のコマンドを実行します。

    1. 静的ルートを追加します。

      # nmcli connection modify enp1s0 +ipv4.routes "198.51.100.0/24 192.0.2.2"

      192.0.2.2 をルーターとして使用する 198.51.100.0/24 ネットワークにルートを追加します。

    2. 接続をアクティベートします。

      # nmcli connection up enp1s0

検証

  1. vrf0 に関連付けられている機器の IP 設定を表示します。

    # ip -br addr show vrf vrf0
    enp1s0    UP    192.0.2.15/24
  2. VRF デバイスと、その関連ルーティングテーブルを表示します。

    # ip vrf show
    Name              Table
    -----------------------
    vrf0              1000
  3. メインのルーティングテーブルを表示します。

    # ip route show
    default via 192.168.0.1 dev enp1s0 proto static metric 100
  4. ルーティングテーブルの 1000 を表示します。

    # ip route show table 1000
    default via 192.0.2.254 dev enp1s0 proto static metric 101
    broadcast 192.0.2.0 dev enp1s0 proto kernel scope link src 192.0.2.1
    192.0.2.0/24 dev enp1s0 proto kernel scope link src 192.0.2.1 metric 101
    local 192.0.2.1 dev enp1s0 proto kernel scope host src 192.0.2.1
    broadcast 192.0.2.255 dev enp1s0 proto kernel scope link src 192.0.2.1
    198.51.100.0/24 via 192.0.2.2 dev enp1s0 proto static metric 101

    default エントリーは、このルーティングテーブルを使用するサービスでは、192.0.2.254 をデフォルトゲートウェイとして使用し、メインルーティングテーブルのデフォルトゲートウェイは使用しないことを示しています。

  5. vrf0 に関連付けられたネットワークで traceroute ユーティリティーを実行し、ユーティリティーがテーブル 1000 からのルートを使用することを確認します。

    # ip vrf exec vrf0 traceroute 203.0.113.1
    traceroute to 203.0.113.1 (203.0.113.1), 30 hops max, 60 byte packets
     1  192.0.2.254 (192.0.2.254)  0.516 ms  0.459 ms  0.430 ms
    ...

    最初のホップは、ルーティングテーブル 1000 に割り当てられるデフォルトゲートウェイで、システムのメインルーティングテーブルのデフォルトゲートウェイではありません。

関連情報

  • ip-vrf(8)