31.6. RHEL 高可用性クラスターの更新

RHEL High Availability Add-On および Resilient Storage Add-On を設定するパッケージを、個別または一括で更新するには、以下に示す一般的な方法のいずれかを使用できます。

  • ローリング更新 - サービスからノードを、一度に 1 つずつ削除し、そのソフトウェアを更新してから、そのノードをクラスターに戻します。これにより、各ノードの更新中も、クラスターがサービスの提供とリソースの管理を継続できます。
  • クラスター全体の更新 - クラスター全体を停止し、更新をすべてのノードに適用してから、クラスターのバックアップを開始します。
警告

Red Hat Enterprise LInux の High Availability クラスターおよび Resilient Storage クラスターのソフトウェア更新手順を実行する場合は、更新を開始する前に、更新を行うノードがクラスターのアクティブなメンバーではないことを確認する必要があります。

これらの各方法の詳細な説明および更新手順は RHEL 高可用性またはレジリエントストレージクラスターにソフトウェア更新を適用するのに推奨されるプラクティス を参照してください。