10.9. フェンスデバイスの修正と削除

次のコマンドを使用して、現在設定されているフェンシングデバイスのオプションを変更または追加します。

pcs stonith update stonith_id [stonith_device_options]

pcs stonith update コマンドを使用して SCSI フェンシングデバイスを更新すると、フェンシングリソースが実行されていたものと同じノードで実行中のすべてのリソースが再起動されます。以下のコマンドのいずれかのバージョンを使用して、他のクラスターリソースを再起動しなくても SCSI デバイスを更新できます。RHEL 9.1 では、SCSI フェンシングデバイスをマルチパスデバイスとして設定できます。

pcs stonith update-scsi-devices stonith_id set device-path1 device-path2
pcs stonith update-scsi-devices stonith_id add device-path1 remove device-path2

現在の設定からフェンシングデバイスを削除する場合は次のコマンドを使用します。

pcs stonith delete stonith_id