12.5. pcs コマンドとしてのリソース制約のエクスポート

Red Hat Enterprise Linux 9.3 では、pcs constraint コマンドの --output-format=cmd オプションを使用して、設定済みのリソース制約を別のシステムで再作成するのに使用できる pcs コマンドを表示できます。

次のコマンドは、IPaddr2 リソースと apache リソースを作成します。

# pcs resource create VirtualIP IPaddr2 ip=198.51.100.3 cidr_netmask=24
Assumed agent name 'ocf:heartbeat:IPaddr2' (deduced from 'IPaddr2')
# pcs resource create Website apache configfile="/etc/httpd/conf/httpd.conf" statusurl="http://127.0.0.1/server-status"
Assumed agent name 'ocf:heartbeat:apache' (deduced from 'apache')

次のコマンドは、2 つのリソースの場所の制約、コロケーション制約、および順序制約を設定します。

# pcs constraint location Website avoids node1
# pcs constraint colocation add Website with VirtualIP
# pcs constraint order VirtualIP then Website
Adding VirtualIP Website (kind: Mandatory) (Options: first-action=start then-action=start)

リソースと制約を作成した後に次のコマンドを実行すると、別のシステムで制約を再作成するために使用できる pcs コマンドが表示されます。

# pcs constraint --output-format=cmd
pcs -- constraint location add location-Website-node1--INFINITY resource%Website node1 -INFINITY;
pcs -- constraint colocation add Website with VirtualIP INFINITY \
  id=colocation-Website-VirtualIP-INFINITY;
pcs -- constraint order start VirtualIP then start Website \
  id=order-VirtualIP-Website-mandatory