8.3. Samba クラスターリソースの設定

2 ノードの高可用性クラスターの両方のノードで Samba サービスを設定したら、クラスターの Samba クラスターリソースを設定します。

前提条件

手順

  1. クラスター内の 1 つのノードで、Samba クラスターリソースを設定します。

    1. グループ samba-group に CTDB リソースを作成します。CTDB リソースエージェントは、pcs コマンドで指定された ctdb_* オプションを使用して、CTDB 設定ファイルを作成します。必要な順序の制約を設定する前にリソースが自動的に開始されないように、リソースを無効にして作成します。

      [root@z1 ~]# pcs resource create --disabled ctdb --group samba-group ocf:heartbeat:CTDB ctdb_recovery_lock=/mnt/ctdb/ctdb.lock ctdb_dbdir=/var/lib/ctdb ctdb_logfile=/var/log/ctdb.log op monitor interval=10 timeout=30 op start timeout=90 op stop timeout=100
    2. samba-group リソースグループを複製します。

      [root@z1 ~]# pcs resource clone samba-group
    3. すべての Filesystem リソースが samba-group 内のリソースの前に実行されるように、順序制約を作成します。

      [root@z1 ~]# pcs constraint order start ctdb_fs-clone then samba-group-clone
      [root@z1 ~]# pcs constraint order start csmb_fs1-clone then samba-group-clone
    4. リソースグループ samba-groupsamba リソースを作成します。これにより、追加された順序に基づいて、CTDB と Samba の間に暗黙的な順序制約が作成されます。

      [root@z1 ~]# pcs resource create samba --group samba-group systemd:smb
    5. ctdb および samba リソースを有効にします。

      [root@z1 ~]# pcs resource enable ctdb samba
    6. すべてのサービスが正常に開始されたことを確認します。

      注記

      CTDB が Samba を起動し、共有をエクスポートして安定するまでに数分かかる場合があります。このプロセスが完了する前にクラスターのステータスを確認すると、samba サービスがまだ実行されていないことがわかる場合があります。

      [root@z1 ~]# pcs status
      
      ...
      
      Full List of Resources:
        * fence-z1   (stonith:fence_xvm): Started z1.example.com
        * fence-z2   (stonith:fence_xvm): Started z2.example.com
        * Clone Set: locking-clone [locking]:
      	* Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
        * Clone Set: shared_vg-clone [shared_vg]:
      	* Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
        * Clone Set: ctdb_fs-clone [ctdb_fs]:
      	* Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
        * Clone Set: csmb_fs1-clone [csmb_fs1]:
      	* Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
         * Clone Set: samba-group-clone [samba-group]:
      	* Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
  2. クラスター内の両方のノードで、テスト共有ディレクトリーのローカルユーザーを追加します。

    1. ユーザーを追加します。

      # useradd -M -s /sbin/nologin example_user
    2. ユーザーのパスワードを設定します。

      # passwd example_user
    3. ユーザーの SMB パスワードを設定します。

      # smbpasswd -a example_user
      New SMB password:
      Retype new SMB password:
      Added user example_user
    4. Samba データベースでユーザーをアクティブ化します。

      # smbpasswd -e example_user
    5. Samba ユーザーの GFS2 共有に対するファイルの所有権と権限を更新します。

      # chown example_user:users /srv/samba/share1/
      # chmod 755 /srv/samba/share1/