Menu Close

4.6. RHEL for Edge イメージの Blueprint の管理ユーザーアカウントの作成

Image Builderを使用して作成するRHEL for Edgeイメージは、rootアカウントがロックされ、他のアカウントは含まれていません。Image Builder を使用すると、RHEL for Edge Blueprint でパスワードつきのユーザーアカウントを作成でき、このアカウントで Blueprint から作成したRHEL for Edgeイメージにログインできます。管理ユーザーアカウントでは、パスワードベースのアクセスと SSH 鍵ベースのアクセスのどちらかを選択できます。

注記

キックスタートを使用するネットワークベースのインストールでは、キックスタートでユーザーアカウントを作成することもできます。

前提条件

  • 作成するユーザーアカウントに使用する SSH 鍵を作成済みである。
  • RHEL Web コンソールで Image Builder のダッシュボードにアクセス済みである。
  • RHEL for Edge イメージの Blueprint を作成済みである。

手順

  1. Image Builder のダッシュボードで、RHEL for Edge イメージの Blueprint を見つけます。

    必要な Blueprint を検索するには、Filter by Name のテキストボックスに Blueprint 名を指定してから Enter キーを押します。

  2. Blueprint 名をクリックします。

    Image Builder は Blueprint の詳細を表示します。

  3. Customizations タブで、Create User Account をクリックします。
  4. Create User Account のダイアログボックスで、ユーザーアカウントに必要な詳細情報とパスワードを指定します。

    パスワードベースのアクセスの場合は、ユーザーアカウントのパスワードを指定します。

    SSH ベースのアクセスの場合は、ユーザーアカウントの SSH 鍵を指定します。

注記

作成するユーザーアカウントに管理者権限を付与する場合は、Server administrator チェックボックスを選択してください。

Image Builder は、指定したユーザーアカウントを作成し、詳細を表示します。

必要に応じて、追加のユーザーアカウントを作成することができます。