Menu Close

5.2.4. ネットワークベース以外のデプロイメント向けのコマンドラインインターフェースを使用した RHEL for Edge インストーラーイメージの作成

Image Builder コマンドラインインターフェースを使用して OSTree コミットを組み込む RHEL for Edge インストーラーイメージを作成するには、以下の前提条件を満たしていることを確認してから、手順に従ってください。

前提条件

  • RHEL for Edge Installer イメージのブループリントを作成している。
  • RHEL for Edge コンテナーイメージを作成し、Web サーバーを使用してデプロイしている。

手順

  1. RHEL for Edge Installer インストーラーイメージの作成を開始します。

    # composer-cli compose start-ostree --ref rhel/9/x86_64/edge --url URL-OSTree-repository blueprint-name image-type

    詳細は以下のようになります。

    • ref は、お客様が ostree リポジトリーの構築に使用した値と同じです。
    • URL-OSTree-repository は、イメージに埋め込むコミットの OSTree リポジトリーへの URL です。例: http://10.0.2.2:8080/repository/RHEL for Edge イメージをインストールするための Web サーバーの設定 を参照してください。
    • blueprint-name は、RHEL for Edge Installer のブループリント名です。
    • image-typeedge-installer です。

      composer プロセスがキューに追加されたことを確認する画面が表示されます。また、作成されたイメージの UUID (Universally Unique Identifier) 番号も表示されます。UUID 番号を使用してビルドを追跡します。また、更なるタスクのために UUID 番号を手元に保管しておきます。

  2. イメージの作成状態を確認します。

    # composer-cli compose status

    コマンド出力には、以下の形式で状態が表示されます。

    <UUID> RUNNING date blueprint-name blueprint-version image-type
    注記

    イメージ作成プロセスの完了まで数分かかります。

    イメージ作成プロセスを中断するには、以下を実行します。

    # composer-cli compose cancel <UUID>

    既存イメージを削除するには、以下を実行します。

    # composer-cli compose delete <UUID>

    イメージの準備ができたら、ネットワーク以外のデプロイメント に使用できます。