Menu Close

10.2. RHEL for Edge イメージの更新

10.2.1. RHEL for Edge イメージの更新のデプロイ方法

RHEL for Edge イメージでは、更新を手動でデプロイするか、デプロイメントプロセスを自動化することができます。更新はアトミックな方法で適用されます。つまり、各更新の状態が周知され、更新は段階的に行われ、再起動時にのみ適用されます。デバイスを再起動するまで変更を確認できないため、可能な限り最大限のアップタイムを確保するために再起動をスケジュールすることができます。

イメージの更新時には、更新された OS のコンテンツのみがネットワーク経由で転送されるため、イメージ全体を転送する場合と比較して、デプロイメントプロセスはより効率的になります。OS のバイナリーおよびライブラリー (/usr) は読み込み専用で、読み書き状態は /var ディレクトリーと /etc ディレクトリーで管理されています。

デルタ転送を利用することで、断続的な接続および低帯域幅での接続の場合でも更新をデプロイでき、あるいは、切断されたデバイスにもローカルメディアを利用して更新をデプロイすることができます。さらに、static-delta を作成して、ネットワークの使用量をさらに減らすこともできます。static-delta は、個々の更新をすべて単一のファイルアーカイブにプルし、複数の接続を介した更新ごとの個別転送とは対照的に、単一の TCP 接続を介して OS の更新を転送する際の TCP ネットワークのオーバーヘッドを大幅に削減します。

以下の図は、RHEL for Edge イメージの更新デプロイメントプロセスを説明しています。

イメージのデプロイメント