Menu Close

10.5. RHEL for Edge イメージのロールバック

更新されたイメージが正常にデプロイされたかどうかを確認することができます。デプロイが失敗した場合は、以前のバージョンにロールバックすることができます (コミット)。以前の機能状態にロールバックするには、手動で手順を実行するか、自動化されたプロセスを使用することができます。

10.5.1. RHEL for Edge イメージのロールバック方法

RHEL for Edge イメージでは、トランザクション更新のみがオペレーティングシステムに適用されます。トランザクション更新では、失敗した更新を最後の既知の良い状態に簡単にロールバックすることができ、更新中のシステム障害を防ぐことができます。

Greenboot でインテリジェントなロールバックを使用して、アプリケーションの安定性を選択するか、またはセキュリティー更新のあるアプリケーションを選択するかという問題をなくすことができます。

Greenboot は rpm-ostree を活用し、システム起動時に実行されるカスタムヘルスチェックを実行します。問題が発生した場合、システムは変更をロールバックし、最後の作業状態を保持します。

以下の図は、RHEL for Edge イメージのロールバックプロセスを説明しています。

イメージ復元プロセス